夢のない普通の会社員が借金と挫折を乗り越えて売上1,000万コーチになるまで

夢のない普通の会社員が借金と挫折を乗り越えて売上1000万コーチになるまで
mai
こんにちは!
株式会社エンパワーコーチング
代表取締役
ミリオンコーチ育成専門家のmaiです。

私は起業してから2年間、コーチとして売れずに低迷し続けていました。

しかしその後、あることを変えてから1ヶ月目で売上約100万達成し、起業1年目で売上約2000万を達成しました。

私がここに至るまでのことをお話します。

夢のない子供時代

今でも覚えている出来事があります。

幼稚園の七夕行事に、短冊に将来の夢を書く行事があったのですが、

周りが無邪気に「消防士になりたい」「看護婦さんになりたい」と思い思いの夢を書いている中、

私はどうしても何も思いつかず、一人短冊を握り締めて途方に暮れていました。

「夢なんて、掲げたところで叶うわけがない」

そう思っていたのです。

もっとも夢を見ていられるはずの年頃に、まったく夢のない子供時代を送っていました。

どんな人生を送り、何のために生きるのか

長い階段の前に立つ子供

私の「夢のない時代」は、幼稚園生の頃から始まり、社会人2年目まで続きました。

将来の展望も、夢も、目標もない。

テストで良い点数をとりたい。部活の試合で勝ちたい。

目の前の小さな目標には没頭したものの、長い目で見たときに「何がやりたいのか」は見つからないままだったのです。

それでも、細く長く、ずっと抱え続けていた思いがあります。

それは「何のために生きるのか」です。

私には生まれつきの心臓病を抱えた弟がいました。

幼いながらも懸命に病と戦い、入退院を繰り返した弟は、わずか3歳でこの世を去りました。

私が6歳の時のことです。

亡くなる1ヶ月ほど前、私は祖父に余命が僅かであることを聞かされました。

「弟はもうじき死ぬ。だから弟の分も頑張って生きるんだよ」

それは残酷なまでにストレートな宣告でした。

祖父の言う通り、程なくして弟はこの世を去りました。

私はそのとき、「弟の分も頑張って生きるのだ」と静かに決すると同時に

「じゃあ、何のためにどうやって生きたらいいんだろう?」

という問いを初めて抱きます。

その日から、「どんな人生を送るのか」「何のために生きるのか」をぼんやりと考えるようになりました。

新しい働き方との出会い

扉

しかし「何のために生きるのか」という壮大な問いの答えがすぐに見つかるはずもありません。

ただ、さまざまな出会いと別れを通して徐々に明確になりつつあったのは、

「人をより良い人生へ導きたい」という思いでした。

私は小学1年生から12年間、バレーボールの選手でした。

大学ではプレーヤーとしての道は満足して引退し、母校へコーチとして指導に出向いていました。

そのとき感じたのは、

「自分が活躍するよりも、人が活躍しているのを見守る方が楽しい」

という強い実感でした。

そして技術指導以上に、生き方、考え方、在り方を導くことにやりがいを感じていました。

12年の現役時代よりも、たった1年のコーチ時代の方が、自分の性に合っていることに気付いてしまったのです。

しかしその後、就職活動は氷河期に直面し「やりたいこと」を追求している場合ではなくなりました。

とにかく就職して、社会に出なければ。

その一心で、唯一内定をいただいた会社に滑り込むように入社しました。

その後、何年か働く中で転機となったのは、とある出会いです。

スクール風景

当時の取引先の方の誘いで、ある勉強会に参加したときに私は大きな衝撃を受けました。

その勉強会を主催していた方は、企業に務めながら個人事業主として、コンサルタント業や講師業で自分の名前で働いていたのです。

しかも独立する予定なのだと聞き、目からウロコでした。

独立、しかもコンサルタントや講師というのは、超一流大学出身で、超一流外資コンサルティング会社出身でもなければ、なれるわけがない。

自分とは無縁の世界だと思い込んでいたからです。

しかも、個人で身を立てられるようになったら、お金も、時間も自由になります。

行きたいときに行きたい場所に行き、

会いたいときに会いたい人に会い、

お金と時間を理由に諦めるものがぐっと減るわけです。

それは当時、配属の都合で知り合いが一人もいない街に住み、

指がちぎれそうなほど重い資料を持ち運んで外回りの営業に明け暮れ、

深夜まで居酒屋やキャバクラで取引先の接待をしているような生活をしていた私には、とてもキラキラした夢のようなビジョンに感じたのです。

その方を見て、直感的に「私もこうなりたい」と強く思いました。

そして後々調べる中で、コーチ、カウンセラー、コンサルタントといった仕事は、人を助け導く仕事でありながら、時間や場所を問わず働くことができると知りました。

そこで、私は生まれてはじめて夢を持ちました。

「個人で起業し、人を助け導きながら、自分自身も自由になる」という夢です。

私が個人でビジネスすることを志しはじめた第一歩でした。

借金と挫折

絶望する女性

私はその後、「とりあえず資格は必要だろう」と安易に考え、コーチングやキャリアコンサルタントの養成学校に通い、資格を取得しました。

はじめはカウンセラーとして活動していましたが、より「未来へ導く」ことを生業にしたいと考えて、活動をコーチングに絞りました。

私のはじめての仕事は、1件500円のセッションです。

たかが500円、されど初めて自分自身で稼いだ500円。

この対価を頂いたときの感動を、私は一生忘れることはないでしょう。

その後はお客様にも恵まれ、毎日のようにセッションを実施し、充実した日々を過ごしていました。

しかし、どんなに知識を身に付け、経験を積んで、コーチングの上位資格を取得しても、月15万円前後の収入を得ることが限界だったのです。

個人で収入を得ていることは確かですが、豊かな生活を送るにあたって不自由のない収入とはとても言えない額でした。

原因はわかりきっていました。

それは、料金の安さです。

なんとかこの現状を脱しようと、業界内でも有名なコーチにセッションしてもらい、熱心に勉強会に通い、多くの本を読みました。

そして満を辞して値上げしたのです。

しかし……

値上げによって契約率は一気に急落し、

安ければ買ってくれていたであろう層は離れ、

セールスしても断られ続ける地獄のような日が続きました。

セールスしては断られ、プレゼン資料や料金表を修正してもまた断られ、そのたびに情報収集し、勉強し……

気づけば投資額は500万円を超え、常に負債を100万抱えているような状況に陥りました。

必死にボーナス一括払いをしても、気づけばまた100万の負債を抱えているのです。

クレジットカードの引き落としまで1週間以上あるのに、もはやこれ以上1円も出費できないという月も珍しくなかったのです。

追い込まれた私は、必死に試行錯誤する中である答えを手に入れます。

それを手に入れ、行動した結果、私はコーチとして大きく飛躍しました。

それを私は 成功者思考 と呼んでいます。

私は時間をかけて実践を通しながら、成功者思考と比較したときの自分の思考のズレを直し、成功者思考に重ね、置き換えていきました。

そしてその思考をベースにして、コーチングビジネスのやり方を、商品企画・マーケティング・セールスまですべて一通り学び、実践したのです。

結果、月に15万円程度だった売上は1ヶ月で100万になり、5ヶ月で会社を辞め、8ヶ月で売上1,000万に到達しました。

今では、お金と時間の両方から自由になり、好きなことだけをして日々過ごしています。

人生を変える “ミリオンコーチ”を増やす

夜明けの空

あなたは「100万円」にどのような印象がありますか?

過去の私にとって100万円とは、途方もない数字でした。

毎朝毎晩たくさんのセッションをこなして小さな売上をかき集めて、ようやく実現するような数字。

個人で稼ぐには血の滲むような努力が必要な数字。

100万円とは、私にとってそんな印象でした。

しかし私は、コーチとしてのビジネスをマスターして自分自身のコーチとしての次元を上げるために、たったひとりのコーチにいきなり100万円以上の投資を行い、人生が変わりました。

1ヶ月で月100万の売上を達成し

半年で会社員を辞めて独立し

8ヶ月で売上が1,000万円を超え

会社員として副業していた6ヶ月と独立起業後の6ヶ月で、売上約17,00万円を達成しました。

それもすべて、オンラインでのパーソナルセッションのみです。

取引先企業に振り回されることもなく、出張などの交通費で経費を圧迫することなく、のんびりマイペースに過ごしながら、達成できた売上です。

今では私自身が、100万を超えるセッションを提供するようになりました。

100万は、人生が変わる投資額です。

100万級の価値を提供できる、多くの人生を変えられるようなコーチが世の中に増えたらどうなるでしょうか?

それは人生が変わり、理想の未来へ到達できる人が、コーチの数だけ倍々に増えるということです。

私は100万級の価値を提供するコーチを世の中に増やしたい。

そうしたコーチたちからサポートを受けることで、豊かな人生を送ることができる人を増やしたい。

だからこそ私は、人生が変わる100万級の価値を届ける「ミリオンコーチ」を育成することを使命として活動しています。

100万級の価値を届けるということは、少なくとも100万稼げるようになるということです。

物心ともに豊かで高い価値を提供できる唯一無二のコーチを、育て増やすことが私のミッションです。

もしあなたが「100万級の価値を提供できるコーチになりたい!」

と考えているなら、ぜひその思いを実現して欲しいと思っています。

なぜなら、あなたが成功することで、救われるクライアントが増えるからです。

もし決意が本物なら、あなたはもう少しでスタート地点に立つことができます。

コーチングを本業にするには何が必要なのか、何を知らなければいけないのか。

その全体像をわかりやすく記した書籍を、メルマガ登録者に今だけ完全無料でプレゼントしているので、ぜひ登録してください。

これが、あなたにとっての最初の一歩になれば幸いです。