コーチング起業を成功させるメンター選び5条件

話し合う2人の女性

 

こんにちは、ミリオンコーチ育成専門家のmai(@maimecc)です。

あなたには稼ぎ方を教えてくれるメンターがいますか?

「普通のコーチしかつけてない」という人も多いかもしれませんね。

しかしビジネスというのは、自己流で突き進むと確実に失敗します。副業したいだけ、お小遣い稼ぎたいだけ、というならわざわざメンターをつける必要はありません。

しかし、もし将来的に起業したい、独立したい、生活費以上を稼ぎたい、という思惑があるなら、メンターと契約し、コーチとして稼ぐことに本気で向き合う必要があります。

ではどうやってメンターを選べばいいのでしょうか?

今回は、稼げるコーチになるにあたって、メンターを選ぶための5つの条件についてお伝えします。

【サイト内 おすすめ記事】「月収100万コーチになるための本質

条件1:自分が稼ぎたい額を稼いでる相手か?

まず大前提として、クライアントはメンターの器を超えることはできません。

そのため、稼げるようになるためにメンターを選ぶなら、その人が自分の欲しい額を稼いでるかどうかをチェックする必要があります。

メンターが稼いでる額によってレベルも投資額も変わる

たとえば月5万円稼ぎたいなら、月5万稼いでるコーチを選べばいいのです。

コーチが稼いでる額に応じてセッション料金も変動するので、「お小遣い稼ぎ程度で十分」なのであれば、わざわざ高額投資をする必要はありません。

月5万稼いでるコーチのセッション料金はそうそう高額ではないので、割りに合った投資ができるはずです。

しかし気をつけなければいけないのは、相手が仮に月5万しか稼げていないなら、あなたも月5万しか稼げるようになりません。

相手が年間500万しか稼いでないなら、あなたも年間500万しか稼げるようになれないのです。

理由は簡単で、メンター自身が「自分以上の目標へ到達するために何が必要か」がわからないからですね。

わからないことを教えることはできませんし、教えようとしたらむしろ相手を路頭に迷わせる羽目になります。

売上500万のメンターについている限り、あなたの売上も500万がキャップであり、それを大きく超えて安定することは難しいと心得ておきましょう。

筆者の場合はどうなのか?

私の場合は月100〜200万稼いでいるので、だいたい年間1,000〜2,000万稼げるようになりたい人たちにはちょうど良い存在ということになります。

逆に言うと、私は1億稼ぎたいと言ってる人を1億のコーチに育てることはできないし、月5万稼げればいいと言っている人をクライアントにすることはありません。

「月100万以上稼いでるなら、月5万稼ぎたい人のこともサポートすることはできるのでは?」

ここまでの話の流れだと、そう感じるかもしれませんね。

しかし月100万稼ぐために必要な思考・行動を、月5万目標の人に伝えたところで、相手がそれを受け取ることはできません。

メンターとクライアントの意識にギャップがありすぎると、『メンターの提供する価値が大きすぎてクライアントが受け取れない』という事態が発生するのです。

実際、月数万目標の人が数千万の規模の話を聞いても「?」になってしまいますよね。そしてそもそも必要とされる努力量も大きく異なります。

本人が数千万を売上目標であれば、その「?」を解消して必要努力量のギャップを埋める努力をしますが、数万目標だととてもついていけません。

年収1000万円のコーチ

コーチの年収は大きく二極化!コーチングでどれくらい稼げるのか?

2021年8月22日

条件2:自分の理想の人生を叶えている相手か?

コーチとして稼げるようになったとして、あなたはどんな人生、どんな生活を送りたいですか?

365日多忙な売れっ子になりたいですか?

週3日以上休みながら豊かに暮らしたいですか?

たとえ「稼ぐ」という目的が同じでも、その姿は両者で大きく異なりますよね。

売上1000万の中身はコーチによって違う

たとえば多忙なメンターは時間を自由に使う豊かなコーチになる方法を教えるのは困難ですし、時間を自由に使う豊かなコーチが、売れっ子で全国を走り回るようなコーチになる方法を教えるのは困難です。

法人研修や業務委託を受けまくっているタイプのコーチは、仮に1000万稼いでいたとしても、自力で集客して稼ぐということができません。

反対に自力で集客して1000万稼いでいるコーチは、法人研修や業務委託をわざわざする必要がないので(取引法人の社内政治に忖度したり、調整や資料作成も面倒ですし、仲介業者が入ると手数料も抜かれるので良いことがないのです)、自力で売上を出す方法しか教えることができません。

私はお金と時間の自由を手に入れるコーチを育てることが使命なので、「豊かさを享受しながらのんびり暮らせるようになりたい……」という理想を持つ人でなければ、正しく導くことはできません。

法人研修で忙しく仕事をしたいという人に、効果的なアドバイスをすることもできません。

なので、あなたの理想を叶えているかどうかが、メンターを選ぶ上では大切です。

コーチングを受ける女性

大切なのは何を教わるかではなく、誰から教わるか

2021年10月11日

条件3:今の時代において再現性のある方法で稼いでる相手か?

稼いでるコーチの中には、いわば時代に後押しされたタイプや、古い時代に成功し、結果として今も成功しているタイプがいます。

そうしたタイプはベテランコーチに多く見られますが、彼らはその時代だから成功できたのであって、専門家でもない限り、今あなたが成功する方法を教えることはできません。

ベテランから教えを受けても成功できない

私はコーチング業界のパイオニアと呼ばれるようなベテランコーチに、1年間メンターをしてもらったことがあります。

しかし当然ですが、売上はまったく伸びませんでした。

オフラインの交流会を紹介して頂いたり、色々アドバイスをして頂いたのですが、何せ私は人脈ゼロスタートで、魅力的なセールスポイントもありません。

交流会に行っても冷ややかな目で見られ、とても恥ずかしい思いをしました。

それもそのはず、そのベテランコーチは、コーチングがまだほとんど認知されていない時代に、足で人脈を獲得し、人海戦術で生き残ってきた方です。

オンラインが得意な私では手法そのものが水と油。

加えて日々コーチがタケノコのように増え続けてすっかり飽和した今の業界では、通用しない手法だったのです。

時代に即した教えはリアルタイムで成功しているコーチから得るべき

いまは人脈、実績、スキルがゼロの状態からスタートし、オンライン完結で成功するのが当たり前の時代です。

結局私も、これまでオフラインでセッションを提供したことは一度もないまま、しかも実名も顔写真も出さないまま1000万以上稼ぐに至りました。

時代はどんどん変わり続けています。オンラインの手法すら、難易度がどんどん変わっていきます。

ブログ集客すら、一昔前なら「とりあえず長い文章書いておけばなんとかなる」くらいのものだったのに、今ではコンテンツ内で的確に価値を届け、SEO対策にも精を出す必要があります。

今の時代に即した稼ぎ方を教えてくれる人を探すのがおすすめです。

条件4:セッション料金は自分の稼ぎたい額と同じか?

考える男性

セッション料金が高いか安いかで選んでいたら、稼げるようにはなりません。

大前提として、自分が稼ぎたい額と同じセッション料金かどうかという視点がとても重要です。

コーチングは単発ではなく、複数回をパッケージにして提供するのが普通ですが、たとえばパッケージで30万のセッションを申し込んだなら、あなたは30万の価値しか受け取れません。

30万の価値しか受け取れないということは、あなたが100万稼ぎたいと言ったところで、100万の価値を提供できないということです。

100万稼ぎたいなら、100万投資するしかありません。

自分が払えないものを他者から受け取ることはできないのです。

少し考えてみれば当然であるとわかるはずですが、これはお金やビジネスの本質です。

条件5:正しいことを言ってくれるか?

疑問の表情を浮かべる女性

あなたが今稼げてないとしたら、あなたが満足し、納得し、簡単に受け取れて腑に落ちる言葉や情報は、高い確率で間違っています。

なぜなら、稼げている人の頭の中と、稼げていない人の頭の中は、別世界レベルで価値観や判断軸に差があるからです。

あなたが稼げるようになるために正しい情報や知識、考え方を会得しているなら、あなたはすでに稼いでるはずですよね。

しかしそうではないのだとしたら、あなたの今の頭では、本質的な正しい情報を、苦手なもの、不快なもの、受け入れ難いものとして処理しています。

耳ざわりの良い成功者の言葉はマーケティングでしかない

成功している人、稼いでる人が言う「耳ざわりの良い言葉や情報」は、はっきり言ってマーケティングでしかありません。

なぜなら成功者本人はそれまでかなりの苦労をしてきたわけで、酸いも甘いも経験してきたわけです。

そして当然、普通の人が普通に受け入れられる感覚や価値観を持ったままでは、普通を逸脱した大きな成果を出すことはできません。

それなのに広く受け入れられるメッセージを発信しているとしたら、プロモーションや集客目的で読み手にレベルを落として発信しているだけです。

成功している人が本気でメッセージを発信したら「そんなこと言われても困る」「この人頭おかしいんじゃないか」「それができないから困ってるんだよ」みたいに思われるような言葉のオンパレードになります。

だからこそ「正しさ」よりも「受け入れやすさ」「欲しがられやすさ」を優先してメッセージを発信するわけです。

成功したければ心に刺さるメッセージを届けてくれる人を選ぶ

まず認識しなければいけない厳しい現実は、正しいものを無意識に排除してきたからこそ今の「稼げない現実」があり、今の「稼げない自分」があるということです。

つまり今まで信じてきたもの、良かれと思ってきた実は、その先の理想には通じていないということになります。

これに気がついてしまうと、自分の頭が処理して出してくる結論というのは、ほとんど信用できなくなります。

ではどう判断したらいいかといえば、居心地の悪い情報、耳の痛い言葉、考え方に注目するしかありません。

そこに正しさのヒントがあり、そうした発信をしてくれている人をメンターにする必要があります。

メンターを「選ぼう」とし始めると間違える

ここまでメンターを選ぶための5つの条件についてお伝えしてきました。

しかし5つ目で提示じたように、自分の頭で考えて選ぼうとすると、高い確率で本質からズレてしまいます。

考えるのがダメならどうすればいいんだという話ですが、メンターに出会えるかは運とタイミングと直感です。

元も子もないですが、そういうものなのです。何せ、自分で考えて選ぼうとする時点で間違えてしまうのですから。

なので、いざメンター候補が目の前に現れたとき、今回お伝えした5つの最低限の条件を踏まえて、正しく前に進んでくださいね。

筆者プロフィール