コーチング集客の最適解とは?情報商材に飛びつく前に考えたい3つのポイント

コーチングの集客に使うSNS

こんにちは、コーチのmai(@maimecc)です。

コーチとして稼いでいきたいと思って情報収集を始めると、多くのノウハウを目にするようになると思います。

そのような中で、以下のような悩みを持ったことはないでしょうか?

「何が正しくて何を信じたらいいかわからない」

つまり……

  • 集客にSNSは不要と言っている人もいれば、SNSで集客ができると言ってる人もいる
  • Instagramが良いと言う人もいれば、 Twitterが良いという人もいる
  • アメブロが良いと言う人もいれば、Wordpressが良いという人もいる

人によって言ってることが真逆なので、何を信じればいいかわからない、というのはよくある悩みです。

しかしこれはコーチとして稼げるようになり、ビジネスの本質がわかると、このような情報には惑わされなくなります。

コーチとして集客活動を始める前に抑えるべきポイントをご紹介します。

1. 最適解は存在しない

集客に悩むコーチ

結論から言いますが、集客活動に最適解は存在しません。

稼いでるコーチには、Facebookで成功した人もいれば、Instagramで成功した人もおり、その事例はさまざまです。

そして、どのSNSやツールにしろ、ラクで簡単で効率的なものというのはありません。

つまり、「集客は○○○を使うべき」という情報や、「集客でXXXを使うのはもう古い」という情報は、その情報発信者の勝ちパターンを宣伝しているに過ぎないということです。

言うまでもありませんが、勝ちパターンというのは人によって異なります。

そしてユーザーがいる以上、どのツールでも成功する可能性があります。

大切なのは、「あなたの商品を欲しがる人がそこにいるかどうか」と「あなた自身がそのツールと日々抵抗なく向き合えるかどうか」です。

言語感覚に優れた人が、言語系のアウトプットが得意な人がYoutubeを使おうとしても長続きしません。

逆に、体感覚で情報をアウトプットする人が、ブログやTwitterを運用しようとしても苦痛になります。

発信は常に継続していくものなので、そもそもそのツールがあなたに向いているかどうか、つまり挫折せずに続けられるかどうかをよく考える必要があります。

2. 何を使うかという「点」よりも何のためにどう使うかの「線」のほうが重要

コーチング集客のための設計図

「あなたの商品を欲しがる人がそこにいるかどうか」も大事だとお伝えしましたが、余程特徴的なクライアントをターゲットにしていなければ、お客様となり得る相手は大抵どこにでもいます。

そのため、「何を使うか」というのは極論、そこまで重要ではありません。

それよりも何のためにどう使うか、つまり導線をしっかり作る必要があります。

導線とは、見込み客があなたを認知してから、あなたと契約するまでの道筋です。

集客ツールには2種類あります。認知を獲得するためのツールと、信頼関係を構築するためのツールです。

どこであなたのことを知り、どんな過程であなたへの信頼を積み上げるのか?

そしてあなたの商品を売り込むまでもなく「ほしい!」と言ってくれる人と最小労力で出会うためにはどんな仕組みを用意したらいいのか?

このようなことを考える必要があります。

たとえば私の場合、現在のメイン集客ツールはTwitter、ブログ、メルマガです。

Twitterとブログが認知獲得、メルマガが信頼関係構築ですね。

ブログには情報プラットフォームとしての役割もあるので、Twitterやメルマガでは物足りない人のためのコンテンツを用意している場でもあります。

この3つのツールを使っているので、興味本意で近づいてくる人もいれば、情報収集目的だけでメルマガ登録している人もいますし、ごく稀に冷やかしの人もいます。(見ればすぐにわかります)

もし、こうした人たちからの問い合わせや連絡、依頼に対応していたらどうなるでしょうか?

あなたの商品を欲しいわけでも何でもない人に時間を費やすことになるので、うんざりしてしまいますよね。

そもそもお客様ではない人(あるいはお客様にしたくない人)との接点を最小限にし、欲しいと言ってくれて、あなたを頼ってくれる人だけに時間を割く。

私はそれが理想的な集客だと思っています。

そのため、私は本気度の高い人としか関わっていません。それは人為的に仕分けているわけではなく、自動的に本気度の高い人としか関わらないような仕組みを作っているのです。

3. オンライン集客なら自動化を大前提に考える

せっかく自分のビジネスを始めても、集客で忙殺されていたら本末転倒です。

多かれ少なかれ、あなたは「お金と時間の自由」を得たいからコーチングで稼ぐ道を選んだのではないでしょうか?

そうであれば、面倒ごとはすべてネット技術や便利ツールにお任せして、本当に必要な活動にだけ集中できるよう、仕組み作りに力を入れることをお勧めします。

何かツールを導入したり、新しい情報を取り入れることを考えるのであれば、「本気度の高い見込み客だけに時間を割ける仕組み作りに役立つかどうか」を考えるといいですね。

私のメルマガでは、成功法則を体得しながら集客の悩みも自由に相談していただけるLINEチャットコンサルを用意しています。

ただ、私は抱えるクライアント数の上限を決めているので、タイミングによってはチャットコンサルをクローズしていることがあります。

こればかりはタイミングもあるので、クローズしていなければあなたはラッキーです。

コーチとして稼ぎたい熱量のある方には相応の熱量でお応えしています。よければ登録してくださいね。

稼げるコーチになるためのコーチング起業講座

筆者プロフィール