コーチング起業で収入月100万を達成するには?

ハイタッチをする男女

こんにちは、ミリオンコーチ育成専門家のmai(@maimecc)です。

コーチングで月収100万を達成したい。年収1,000万を達成したい。

コーチとして独り立ちを目指すなら、誰もが一度は夢見る目標だと思います。

ここではコーチングで起業し、収入月100万を達成するための方法を説明します。

この記事はこんな人にオススメ
  • これからコーチングで起業しようと思っている
  • コーチングで月100万、年1000万稼げるようになりたい
  • コーチングで月100万にとどまらず、将来的にはもっと収入を上げていきたい
  • コーチングで1〜2年以内に独立したい
  • プロコーチとして稼げるようになるために無駄なことはしたくない
  • コーチングで起業し収入を得るために必要なマインド

    コーチとして稼げるようになるためには、そもそも「コーチング」そのものにフォーカスするのではなく、「商売」として捉えるところから始めます。

    「もし一文無しにになったら」という仮定への答えが商売にもっとも必要なこと

    たとえばあなたが今この瞬間、一文無しになったとします。

    今日寝泊まりする場所もなければ、食事代もありません。お金を貸してくれる人もいなし、寝床を提供してくれる人もいません。

    あなたが持っているのはただひとつ。コーチングという30万の商品です。

    しかしあなたはコーチとして未熟で、お世辞にも経験豊富とは言えません。

    でも、あなたのコーチングを受ければ、相手の人生は大きく変わる可能性があります。それだ

    あなたはどうしますか?

    売りますよね。

    もしかしたら自分の身に起こった不幸に絶望して泣き寝入りするかもしれませんが、お金を作るために売れるものがあるなら売るはずです。

    自信がないとか、経験が少ないとか、上手くいかなかったらどうしようとか、そんなことを言っている場合ではありません。

    売れなければ野宿生活がスタートするだけです。

    そしてたとえ30万の商品でも、数百、数千と人に声をかければ、間違いなく誰かが買ってくれます。

    これが商売の本質です。

    お金がなければ、生活できません。長い目で見れば、商売をするにもお金が必要です。

    だからこそ、「まず売る」というマインドが大切なのです。

    自信のなさや経験のなさは本番経験を経なければ打破できない

    自信もスキルもないのに売るなんて詐欺的だ、と思う人もいるかもしれません。

    しかし、相手に嘘をついたり脅したりするような売り込み方をしなければ、買うかどうかを判断するのはお客様です。

    公正に相手に判断を委ねている以上、それはフェアな取引なのです。

    もちろん、買ってくれる人は少ないことでしょう。少なくとも「詐欺だ」とつっぱねる人はお客様にはなり得ません。

    商売は、必要として買ってくれる人に売ることなのです。

    そして、売る以上は売り手に大きな覚悟が必要です。

    相手の期待に応え、全力で価値を提供する責任があるからです。

    そしてそれは、コーチに限らずすべての職業人が通る道です。

    たとえば、あなたは新米シェフが作ったオムライスだからと言って、「新米シェフ価格」とか「新米シェフだから無料」なんてものは、まず見たことないはずです。

    新人営業が売っているコンサルサービスだからと言って、新人営業価格になんてなりませんよね。

    すべて、お店なり会社なりがこの価値、この価格で売ると決めているのです。

    そして新人だろうと関係なく、決められた価格で販売します。

    「この価格で売る」と決めるのは販売主であり、その価格で買うかどうかは相手次第です。

    だからこそ、買ってくれる相手と出会う努力をする必要があります。

    そして買ってもらった暁には、立場や能力関係なく、決めたその価値を全力で提供する必要があるのです。

    収入を得るためには商品を具体的にする必要がある

    「まず売り、責任を果たす」というマインドを持ったら、自分が売る商品を見直す必要があります。

    コーチングでいう商品とは、コーチングセッションではありません。

    コーチングの商品とは、理想の未来です。

    そもそもコーチングとは?

    コーチングの目的とは、相手を目的地に連れていくことです。

    この目的地が遠かったり、困難な場所にあればあるほど高い価値があります。

    この目的地とは、相手にとっての理想の未来です。

    理想の未来の種類は人によってさまざまです。

    起業したい、結婚たい、出世したい、痩せたい……人はそれぞれ異なる理想を持っており、それぞれにどれほどの価値を感じるかも人によって異なります。

    たとえば起業に100万の価値を感じる人が痩せることには10万円程度の価値しか感じなかったり、

    結婚に100万の価値を感じる人が、起業に1万円程度の価値しか感じなかったりするのです。

    そして、万人に当てはまるような理想ほど、価値が下がります。

    誰にでも当てはまる理想ということは、誰もが「これくらいなら払ってもいいな」と思えるような求めやすい価格でなければ売れないからです。

    この誰にでも当てはまる低い価値のコーチングを売ろうとして、泥沼にハマってしまっているのがコーチングスクール卒業生たちです。かつては私もそうでした。

    つまり、コーチは「私は○○○の未来に連れて行くプロです」と宣言できるほどの専門性を持たなければ、月100万を稼げるようになるような、高額な価値を提供することはできません。

    高く売れる商品を作るために必要な要素

    コーチング商品を高い価格売るために必要な要素は次の3点です。

    高く売れるコーチング商品に必要な要素
    1. 市場で高額取引されている
    2. 市場に一定以上の需要がある
    3. コーチ自身が現在または現在進行形で獲得している専門性である
    4. 競合他社と差別化できている

    まず、これから起業しようという人が新しく市場を開拓することは現実的ではありません。

    すでに高額な需要があることがわかっており、ある程度の市場規模があるところを狙う必要があります。

    そして、コーチ自身が今の時点でそこに専門性を持っていなかったとしても、これから身につけていけるものであれば、新たな領域で専門性を持つことも可能です。

    たとえば起業の方法であれば、自分が起業すればその方法を知ることができます。

    英語にしろ、ダイエットにしろ、婚活にしろ同じです。

    もちろん、その領域に精通している人からすれば心許ないかもしれません。

    しかし、ノウハウすら知らない、方法すら知らない、知識そのものに価値を感じるという人も世の中にはたくさんいます。

    要は、「誰に対して提供するかという点」をしっかり定めることができれば、あなたの商品を欲しがる人は必ずどこかに存在するのです。

    誰に・何を・どのように提供するか、という点を、市場や競合を見ながら細かく設定していくことで、そのひとならではのオリジナルのコーチング商品が完成します。

    集客はオフラインから攻め、オンラインは時間をかけて構築する

    ビジネスはお金を稼ぐためにやるものですが、お金がなければビジネスができません。

    生活費に加えて、広告、インフラなどにお金をかけることができなければ、ビジネスの継続が困難になってきます。

    では、最短で稼げるようになるためにはどこから攻めれば良いのでしょうか?

    結果を出すのが早い人は十中八九オフラインから入る

    結果が出やすい集客フィールドの優先順位
    1. オフライン人脈
    2. Facebook
    3. Twitter、Instagram
    4. ブログ、YouTubeなど

    私がクライアントさんを見ていて感じるのは、商品が出来上がってすぐに売り込んで「30万の契約いただけちゃいました」という人は、オフライン人脈、人からの紹介を頼りにしています。

    なぜオフラインが早いかというと、すでに信頼関係が出来上がっているからです。

    高い商品を買ってもらうために必要なのは、認知獲得・興味形成・信頼関係構築・価値観の教育です。

    このうちの認知獲得(存在を知ってもらう)と、信頼関係の構築(信用できるかどうか)が、オフライン人脈はすでに出来てしまっているわけです。

    これがTwitterやInstagramだと、認知を獲得するのにも一苦労です。

    つまり、すでに人脈があるならオフラインの知り合いにセールスをし、あるいはFacebookという「半リアル」の媒体で集客をするというのが非常に手っ取り早いのです。

    オフライン、半リアルにセールスし、商品を売ってお金をいただくことで、次のビジネスの展開の資金源にすることができます。

    こうしてオフラインを当たりながら、構築に時間のかかるオンラインの集客インフラを作っていくと、オフラインを当たり尽くした頃にオンラインが軌道に乗り始めるのでスムーズです。

    オンラインのみの集客も可能

    ただ、オフラインの人脈が無い、あったが繋がりがないという人も少なくないと思います。

    私はオフラインの人脈がゼロではなかったものの、ほとんどの繋がりが切れていたので、オフラインには売り込みようがありませんでした。

    そのため、趣味で利用していたSNSアカウントをビジネス用途に切り替え、投稿や繋がりを増やしていったのです。

    今はブログ、Instagramも活用していますが、ほぼTwitterだけで1,000万以上稼いだといっても過言ではありません。

    SNSは育てることにも時間がかかりますし、運用にはかなり手間がかかります。

    しかし一昔前はお金を払ってポスターを貼ったり、新聞に折込チラシを入れたり、街頭で声をかけなければ集客できなかったわけですから、それを思えば非常にラクで便利な時代になったと言えるでしょう。

    起業したら収入を得ながら徐々に値上していく

    売ってみないことには、商品にどんな課題があり、相手にどんなサポートが必要なのかわかりません。

    対価をいただき責任を負いながら実践を積まなければ、相手もあなたもその場にコミットしませんよね。

    最初は少額でも良いので対価をいただきながら、実践を通して商品をブラッシュアップし、その価値=値段を上げていくのです。

    そうなると、月に1〜2人契約すれば月100万稼げるようになります。

    ぜひあなたもコーチングで起業して、最短で月100万の収入を得られるようになってくださいね。

    AmazonKindle 1位 電子書籍無料プレゼント

    筆者プロフィール