コーチングスクール内に稼いでるコーチはいない?!スクールで起業相談をするリスク

こんにちは、コーチのmai(@maimecc)です。

もしあなたがコーチを本業として経済的に自立できていない場合、コーチングスクールの講師や仲間に相談したり、アドバイスを受けるのはとても危険です。

なぜコーチングスクール内で起業相談をするとリスクがあるのかについて説明します。

そもそもコーチングスクールに起業のプロはいない

オンラインスクール風景

コーチングスクールは、コーチングコミュニケーションスキルを教える場であり、コーチとしての起業をサポートする場ではありません。

一体どういうことなのでしょうか?

コーチングスクールは受講者が起業できなくても困らない

コーチングスクールは、あくまでコミュニケーションスキルを提供する場であり、その提供が完了すれば役目を終えます。

受講者には、その課程を終えた証として資格を発行するわけです。

つまり資格を受けた受講者が、その先に起業しようとしなかろうと、成功しようとしなかろうと関係ありません。サポート範囲外なのです。

サポート範囲外ということは、つまり「起業して成功する」「独立して稼げるようになる」ためのノウハウの蓄積が無いと言うことを意味します。

現に、大手コーチングスクールが動画内で「起業して稼げるようになるために必要なこと」として、スキルを磨く、経験を積む、人脈を広げる、ネットで発信をする、といったありきたりなことを発信しているのを見たことがあります。

それだけで稼げるようになるなら、スクール卒業生の8〜9割はコーチとして独立し、会社を辞めているはずです。

実際に独立を果たしている受講者は、0.5割にも満たないのではないでしょうか。

スクール仲間同士の相談は遠回りのもと

たとえばあなたが、コーチ仲間に「集客どうしたらいいのかな」と零したとします。

すると「Twitter発信しなよ」「note書いたら?」というアドバイスをしてくれるかもしれませんね。

しかし、稼げていない人のアドバスは、実績を伴わない、想像上のアドバイスでしかありません。

あるいは実績があると言っても、無料のクライアントを獲得できたとか、数千円~数万円の利益を得られたという程度でしょう。

残念ながらそのアドバイスを信じて実践してみても、いつまでも成功しませんし、稼げるようにはなりません。

稼げないコーチ同士で相談して出た結論や、稼げないコーチからもらったアドバイスは、そのまま「成功できない情報」でしかないからです。

正しい情報やアドバイスを得られれば、すでにある程度活動している人なら半年や1年程度で結果が出てもおかしくありません。

あなたが2年も3年も成功できていないなら、それは間違った知識やアドバイスをもとに、間違ったことをしているからです。

コーチングの資格をとっても副業に活かせない人

コーチングを副業でやるなら資格はいらない5つの理由

2021年5月13日

コーチング業界の大御所でも成功する方法は知らない

スーツの男性

ではコーチングスクールの講師はどうでしょうか?

プロコーチとして活躍し、経済的に自立しているように見えますよね。

しかしよく考えてみてください。

もしコーチングで自力で稼げているのであれば、スクールに雇われずに自力で稼いでるはずです。

なぜならスクールからの報酬というのは決して高くありません。しかしブランド維持のための品質を求められるので、かなりの手間隙や責任を負っているはずです。

普通に考えたら、割に合わないのです。

自力で稼いでいるなら、割に合わない仕事はせずに家でのんびりと過ごすか、趣味やボランティアの延長で取り組むか、自分で自分のスクールを立ち上げるはずです。

スクールの講師はあくまで雇われの身、つまり「労働者」であり、「成功者」ではないのです。

スクール内で「成功者」と言えるのは、創設者だけです。

一講師に起業のアドバイスを仰いでも、講師陣は自分の力で集客・セールスして身を立てているわけではないので、有意義なアドバイスを貰うことはできません。

労働者思考の周囲のアドバイスを聞いても失敗する

とはいえ、コーチに限らず世の中の多くの人が成功しておらず、労働者思考です。

たとえばあなたが友人や親兄弟に相談したとしても、返ってくるのはまず「成功していない人のアドバイス」です。

どうかすると、あなたを心配し身を案じるていを装って、やってること・やろうとしていることそのものを否定されます。

これをドリームクラッシャーと言いますが、善意で否定・アドバイスしてくるので、周りに心配かけまいとする方であれば、ここで夢を諦める人も少なくありません。

私はコーチとして1ヶ月で100万、8ヶ月で1,000万稼げるようになりましたが、以前、コーチング業界のパイオニアと言われるような大御所コーチに稼ぐ目標額を伝えたところ、「現実的ではない」と一蹴されました。

その方のコーチとしての収入はわかりませんが、そこで諦めていたら今の私はいません。

誰にアドバイスを貰うのか、誰の言葉を信じるのかは、人生を大きく左右するほど非常に大切なことなのです。

コーチングを受ける女性

大切なのは何を教わるかではなく、誰から教わるか

2021年10月11日

成功者から正しいアドバイスをもらうにはどうしたらいいか

相談する2人の女性

まず、現時点で成功していない・稼げていない人のまわりには、成功していない人しかいません。

まずは成功者に会いに行き、接点を持ちに行く必要があります。

そして成功者の時間をお金で買い、アドバイスをもらうしかないのです。

しかし成功していない人の多くは「お金がない」と言います。

この国の多くの人は所得が低いですし、私も会社員の給与は低かったので、お金がない気持ちはわかります。

しかし断言しますが、お金がないなら、ビジネスはできません。

ビジネスは投資です。

お金をかけなければ、良質な知識・情報・ビジネスのノウハウは手に入りません。

なので、「お金がないからビジネスをする」という考えでは、実は成功できません。「お金があるからビジネスができる」のです。

成功している人の時間を買うことが出来ない人は、いつまでも成功することはできません。

仮に運よく成功者に出会えても、成功者がそのような人と仲良くしてくれることは、まずありません。

成功者は自分の好きなことに時間を使うからです。

成功者も多額の投資をして今があるわけですから、お金を理由に言い訳する程度の覚悟の人にまで時間を使うことはありません。

このビジネスの原則を理解した上で、成功できるよう行動してくださいね。

筆者プロフィール