あなたは大丈夫?コーチング起業成功から遠い人の特徴

こんにちは、コーチング起業支援コンサルタントのmai(@maimecc)です。

世の中にはいろんな価値観を持っている人がいます。

価値観が違うということは、好きなものや嫌いなもの、価値を感じるものと感じないもの、右に行くか左に行くか、休憩するか前進するか……すべての行動において、千差万別で違いが生じるということです。

今回は、もっとも成功から遠い人の特徴を紹介します。

そもそもビジネスは先行投資が基本

時間がない、お金がない、スキルがない、と「ない」を言い訳にする人は上手くいかない、ということは様々な場所でお伝えしています。

今回は「お金がない」にフォーカスしますね。

たとえば100万払えば稼ぐ方法が身に付くとします。

これに対して「お金がない」という理由で投資をしない人は、いつまでたっても稼ぐ方法は身につきません。

「お金がないからスキルを得られない」ではなく「お金を作ってでもスキルを得る」という姿勢が正解なのです。

100万円払わないと、100万円の価値を受け取れないのだから当然ですよね。

でも100万円払えば、100万円の価値を得ることができます。その価値をもって新たな利益を生み出し、100万、200万と獲得することができるようになります。

つまり100万円の投資をしたことが無い、100万の価値を得たことがない人は、100万円受け取ることができないということですね。

たまにコーチ、コンサル、セラピストが「いかに自己投資をしているか」を示すために自己投資額をプロフィールに書いている人もいますが、それは決して自慢ではなく(多少は自慢もあるかもしれませんが)

「高い価値に投資してきたから、高い価値を提供できるよ」

というアピールなのです。

もしあなたにお金がないなら、借金してでも、クレジットカードの限度額ギリギリを使い込んででも、お金を工面して投資するしかありません。

それができず、お金もないということなら、残念ですが今いる場所からずっと抜け出せないということになります。

もっとも成功から遠い人とは

個人事業家の中でよく揶揄される存在として「クレクレくん」がいます。

クレクレくんとは、いわゆる「無料のもの大好き!お金は払えません!」という人のことです。

今の世の中、なんでも無料で利用ができますよね。

初期費用無料は当たり前、エンタメはサブスクで漁り放題という時代です。

そのような世の中なのでしょうがないと言えばしょうがないのですが、無料サービスを見つけては飛びつき、見つけては飛びつき、ということを繰り返している人をクレクレくんと言います。

SNSでもよくお金が配られたり、無料コンテンツが配られたりしていますよね。

そこに集まる人の多さは凄まじいものがあります。

お金がかからないものに価値がある、と信じている人がそれだけ多いということなのです。

そしてそこまで露骨ではなくても、無料でもらえるものはもらって、あとはさよならという人は少なくありません。

彼らのような価値観、行動基準を持っている人こそがクレクレくんです。むしろ情報乞食と言ったほうがわかりやすいでしょうか。

クレクレくんは対価を払わず、無料で、できるだけ安く手に入るものにこそ価値があると信じています。

しかしはっきり言って、無料のものは無価値です。安いものも、その値段相応の価値です。

ちゃんとビジネスをしている個人事業家は、無料・安価のフィールドに価値あるサービスを置きません。

クレクレくんを相手にしていたら、時間がいくらあっても足りないからです。

私も有償級のメルマガ講座を無料で展開していますが、安易な気持ちだったり、冷やかしや試食ノリかどうかは見ていればすぐにわかることなので、時には厳しい言葉を伝えて、クレクレくんには早めにお引き取り頂きながら運営しています。

さて、ここまで読めばもうお気づきかと思いますが、誰よりも成功から遠い人の特徴は「無料のもの、安価なものに価値があると思っている人」、つまりクレクレくんです。

彼らは価値のないものにしか触れていないので、やはり自分自身も価値のないものしか提供できず、結果として物心ともに貧しい状態に陥ってしまうのです。

決して日本経済が好調ではない今、しっかり成功するためのマインドを自分のものにしておかなければ、いつクレクレくんに転落してしまってもおかしくありません。

「あれ、もしかして自分はクレクレくんかも……」

と気がついてしまったそこのあなた。

クレクレくんを脱却する方法をお伝えします。

  1. 無料で情報を受け取ることをやめる
    あなたは無料で情報を受け取りすぎているので、何が良くて何が悪いかわからなくなっている可能性があります。いったん無料情報を仕入れることをやめてください。
  2. 自分で商品を売ってみる
    無料の価値しか受け取ったことがないので、まともに物を売ることはできないでしょう。10人にセールスして10人に断られ、「買ってもらえない気持ち」というものを心で理解してください。
  3. お金を払って買ってみる
    お金を払う痛みを心で理解してください。そうすれば、自分のお客様となってくれる方の有り難さがわかるようになり、「クライアントのために」という覚悟が少しずつ生まれてくるのです。

いかがでしょうか?「自分がクレクレくんかも」と思う人もいれば、「こういう人いるよね」と心当たりがある人もいると思います。

これを読んでいるあなたはクレクレくんにはならず、本当に価値があるものを対価を払って選び取る覚悟を持てるようになってくださいね。