自分の価値観と信念を捨てる勇気のあるコーチだけが成功できる

こんにちは、コーチング起業支援コンサルタントのmai(@maimecc)です。

「maiさん、うまくいってない自分がどんなに考えても、結局はミスジャッジしかできないんですよ

メンターから常々言われてきた言葉ですが、これは日々納得と確信を強めています。

あなたは今、輝かしい理想の未来の中にいますか?

きっとその遥か手前にいるか、軌道にすら乗れていないという方がほとんどだと思います。

今回はあなたのビジネスが上手くいかない根底の要因についてお話します。

成功できないのは、価値観が間違っているから

このサブタイトルを見てあなたはどう感じましたか?

「こいつ、何を言ってるんだ!」と憤慨しましたか?

「人の価値観に正しさも間違いもないのに」と悲しくなりましたか?

「こんなことを言うなんて対人支援者失格だ!」と糾弾したくなりましたか?

もしそうした怒り、悲しみ、失望を感じたとしたら、あなたは今の価値観のままでは、何をしても成功できないでしょう。

なぜなら、成功できる人ならこのサブタイトルを見ても

「まあ、そりゃそうだよね」

と当然のこととして受け入れて終わりだからです。

私の周りにはもう成功している人しかいませんが、間違いなく全員がそういう反応をするでしょう。

私も、過去の自分がこのサブタイトルを見たら、憤慨とともにあらゆる反論をしたくなったと思います。

成功するには考え方等のマインドが8~9割と言っても過言ではありません。

成功したくなければ、今のままの自分でもいいのです。

誰にも責められませんし、あなたが理想の未来を手に入れられない、ということ以外に誰も損をする人はいません。

むしろ多くの人がそうだと思います。

無理して成功しなくても、日本は社会保障が手厚く、社会的に弱い立場の人を救済するシステムは実は手厚いのです。

成功しなくても、幸せな人生は送れます。多少失敗しても、人生を損なうことはありません。

普通に生きていれば、満たされた日々を過ごせます。

「それでいい」という人は、そのままでいいのです。

念のため伝えておきますが、私は人の価値観自体に優劣をつけるつもりはありません。

ただ、あくまで「成功」にフォーカスするなら、あなたは価値観を変える必要があるということです。

これまでの価値観と捨て、

物事の判断軸を疑い、

好き嫌いの感性を脇に置いて、

「今の自分だから成功できない」ことを受け入れなければいけません。

そこがスタート地点なのです。

動機が弱ければ、自分自身の変容にコミットできない

とはいえ、最初からそこまでの気迫を持っている人は少ないです。

別に成功しなくても、

明日の衣食住に困るわけではない

大切な人間関係が破綻するわけではない

命を奪われるわけではない

ですよね。

私の周りの成功者は、破綻寸前まで追い込まれた方も少なくありません。

「こんなのはもう嫌だ、絶対に成功したい」

そんな想いから正しく選択し、行動し、再起したパターンは、決してフィクションではなく身の回りにあるのです。

つまり、動機が強ければ強いほど、甘えや自己満足、恐れを捨てることができるということですね。

では私はというと、破綻寸前までは追い込まれていません。

明日の衣食住に困ったこともないし、「成功しなければ殺す」だなんて脅されたこともありません。

それでも私がここまでこれたのは、なぜなのか?

それを一言で言うなら、「強い現状否定」です。

それは自己流の限界であり、そしてそれは自己流以上の自分の限界を明確に感じたからです。

私は自己流とはいえ、世の中の他のコーチに比べれば上手くいっていたほうだと思います。

それでも、この先何年、何十年と、もし自分の価値観と判断基準を頼りに活動をしていても、自分の理想には届かないと気付いてしまったのです。

私は良くも悪くも行動サイクルが早くてせっかちなので、

普通の人が100回失敗で自分の過ちに気が付くところを、

10回の失敗で自分の過ちに気が付くことができました。

未来志向型の私は、目指したい未来を五感で描き、そのイメージを確信に変えて行動します。

だからこそ、多くの失敗と挫折の中で「今の自分のままでは理想に届かない」と確信してしまったことは、死刑宣告を受けたかのような、このまま活動を続けても意味がない、と感じるくらいの衝撃と絶望がありました。

でもその絶望を経験したからこそ、大金を投資してメンターを得て、これまでの自分を否定し、奮起することができたのです。

メンターを得てマインドを入れ替えてからの私の収入は、今の次点でも4倍以上に成長しています。クラアイントから寄せられる喜びや感謝の声も、同じように増えました。ただ、私にとってはこれはまだまだ通過点です。

あなたには、今までの自分を捨てられるほどの強い動機がありますか?

あなたにとっての「地獄」は何ですか?

自分の価値観を捨てるということは、究極の成長行動

自分の価値観を捨てるという行動には、覚悟が伴います。

でも逆を言えば、それさえできるのなら、スキルも、実績も、年齢も、これまでの経歴も、成功する上では何ひとつ関係がありません。

ただ、残念ながらそれができる人自体が多くはありません。

私の目に見える範囲内では、体感1割といったところでしょうか。

成功している人からすると、どんなに相手が理屈や言い訳、自分の価値観を展開しても、

「でも、あなたは成功していないんでしょ?」

で終わります。

成功したくないならいいのです。何しろ、決してラクな道ではありませんから。

ファッション感覚で選ぶ道でもないし、上手く行ったらいいな~くらいの想いで選ぶ道でもありません。

でもあなたがもし「絶対に何とかしたい」と考えているなら、古い自分に一度死んで頂くくらいの気持ちで取り組むことがえきれば、きっと違う世界が見えてきますよ。