「自信がない」の嘘

今回は「自信がない」という言葉の裏に隠れた意味について話します。

新しいことをやるとき、何かチャレンジするときに「自信がない」という言葉をよく聞きます。

言葉では言わなくても「自信がない」と心の中で感じるケースもあるかもしれませんね。

コーチの方でも

「有償セッションをするだけの自信がない」

「単価を上げるだけの自信がない」

「クライアントに成果を出してもらうだけの自信がない」

という言葉はよく聞きます。

これを読んでいるあなたも、もしかしたら身に覚えがあるかもしれませんね。

でも実は、「自信がない」という言葉は、本当に自信がない人から出てくる言葉ではありません。

あなたは、オリンピック選手と陸上競技を勝負するときに「自信がない」と言いますか?

言わないですよね。

それは、自信の有無以前に「無理」だと確信するからです。

自分にとって比較対象にすらならないから、「自信がない」という感覚すら出てこないわけですね。

ということは、「自信がない」という言葉が出てくるのは、

「勝てるかもしれない」

「できるかもしれない」

という期待があるときということになります。

つまり、「本当は自信がある」人が「自信がない」という言葉を使うのです。

自信のなさの正体はプライドと劣等感

人が「自信がない」と言っているときは、高いプライドや劣等感を抱えていることがほとんどです。

あなたは、何が揃えば「自信がある」状態になると思っているのでしょうか?

その条件が揃えば、自信があって、目標を達成できる自分になるのでしょうか?

プライドが高い人は、そうした条件さえ揃えば「成功できる」「達成できる」と思っています。

逆を言うと、プライドが高いからこそ、上手くいっている人と比較して劣等感を抱え、「自信がない」という言葉を発するのです。

そこで考えてほしいのですが、

あなたは本当に自信さえあれば成功できるんですか?

当たり前ですが、最初から自信がある人なんていません。

誰もが自信も、スキルも、実績も、何もないところからスタートします。

成功する人は、自信がなかろうと、スキルがなかろうと、実績がなかろうと、「できる」と信じて全力を尽くし、「やる」のです。

自信がないと言いながら行動を起こさない人は、失敗を恐れている人です。

それは、他人と自分を比べ「もし失敗したときに自分が他者と比べて劣っていることを決定付けられたくない人」です。

スキルが必要なら、スキルを身に着ければいい。

時間が足りないなら、何かをやめればいい。

実績を積みたいなら、今この瞬間から行動を起こせばいい。

でもなぜか、「自信がない」と言いながら動かない人がいます。言い訳ばかりして、行動を起こさない人がいます。

そうした人たちは「自信がない」と言いながら、誰かと自分を比較し、劣等感を抱え、失敗を避け、自信がないことを成功できない理由にしながら自分のプライドを守っているのです。

セルフイメージの高さ

こうした「自信がない人」は、幼少期から今まで、セルフイメージを下げる循環に陥っていた人が多いです。

たとえばあなたが、小学校で短距離走が得意だったとします。

途中までは毎年クラスで一番だったけど、ある日自分よりも足の速い転校生が現れ、クラスで2番目になってしまう。

あるいは中学、高校と進学する中で、どんどん順位が落ちてしまう。

しまいには、今と同じように「自信がない」「時間がない」「才能がない」と言い訳をして、自分のプライドがこれ以上傷つかないよう、言い訳をしてプライドを守るようになります。

そうしたことの繰り返しの中で、セルフイメージを下げる循環に陥ってしまうのです。

それがたとえ昔の経験だったとしても、今のあなたに対して根深く影響を与えています。

最後に必要なのは覚悟

お金がない
自信がない
時間がない

これらは多くの人が使う便利な言葉です。

あなたがこれらの言葉を使ったからと言って、咎める人は多くはないでしょう。

しかし自分でビジネスをしようと思ったら、こんなことを言っている場合ではありません。

ビジネスでは時間、お金、労力など、あらゆるリソースを投資します。

もし失敗すれば、すべてが無に帰すわけです。生活や立場も苦しくなります。

一般的な労働者と比べれば、背負っている覚悟が全く違うのです。

そんな覚悟ある人からしてみれば、「時間がない」「スキルがない」「実績がない」「自信がない」「やる気がない」は、すべて言い訳でしかありません。

そうした言い訳が出てくる方は、まずそのマインドを変えない限りは成功するのは難しいでしょう。

もっとも、このような言い訳をしているコーチはプロフェッショナルではないので、成功したいコーチであろうと、そうでないコーチであろうと、少なくともあなたがコーチである以上はこの境地には到達してほしいなと思います。

あなたの成功を応援しています。

スポンサーリンク