覚悟が人を成長させる

挑戦するにも成功するにも、結局何が一番大切なのか?

これを考えるときに出てくるのは、「覚悟」の2文字。

覚悟とは「危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、それを受けとめる心構えをすること」を指します。

つらいこと、苦しいこと、しんどいことが起こるかもしれない。でも、これから起こる結果を受け止め、必ず乗り越えていくという決意。それが覚悟だと思っています。

目標を達成すること、夢を叶えていくこと。それらは大きくて遠いほど、到達するのは決して簡単なことではありません。払う代償は膨大です。

こんなに代償を払って、もし上手くいかなかったら?失敗してしまったら?大きすぎる損失を出してしまったら……そう思うと胸が苦しくなったり、不安に駆られて眠れなくなったりすることもあるでしょう。

それでも、その先にある輝かしい未来のイメージを頼りに、決して折れることなく立ち続け、走り続けること。それこそが「覚悟が決まっている状態」とも言えるかもしれません。

覚悟が決まれば、言葉も、思考も、行動も、習慣も、一気に変わります。

煮え切らないあいだは、まだ「代償を払ってでも何を得たいのか」決まっていないのです。

あなたの覚悟は、決まっていますか?

スポンサーリンク