コンフォートゾーンの外側へ

標識S

いま、あなたの人生は快適ですか?

もし快適ならそれは良いことです。

なぜなら世の中には、明日の自分の命すら保証されていない世界があり、そうでなくてもストレスフルで心を壊すような環境がいくらでもあるからです。

今の居場所は「ようやく手に入れた快適な空間なんだ」という方もいらっしゃるかもしれません。

快適な領域、居心地の良い場所のことをコンフォートゾーンと言います。

傷ついた心身を癒すために、コンフォートゾーンは必要不可欠です。

ただ、「成長したい」と言いながら快適な居場所にとどまり続けるなら、話は別ですね。

成長したいならコンフォートゾーンの外側へ……という言葉は、一度は聞いたことがある方も多いかもしれません。

要するに、刺激のない平和で安定した、快適なコンフォートゾーンにいたら成長は叶わないということです。

ではコンフォートゾーンから抜けるには、具体的にはどうしたらいいのか。

色々言われていますが、私は「代償を払うこと」だなと思っています。

時間
お金
人間関係
生活環境
etc…

そうした快適な空間を構成している要素を代償に、新しいこと、未知の領域へ、リスクをとって一歩踏み出すこと。それが「コンフォートゾーンの外側へいく」ということなんですよね。

代償を払ううえにリスクもとるなんて、ちょっと失うものが多すぎるのでは……と思うかもしれません。

でもそれくらい、理想や成長を求めて行動を起こしていくことには、相応の覚悟が必要なのです。

しんどいですよね。ただでさえ日々やるべきことをこなすだけで疲労困憊の毎日。時間も余らない。お金もたいして貯まらない。モチベーションを上げるだけでも一苦労。現状維持で精一杯ですよね。

でも、だからといって諦めたらそこまでです。

本当にそこで諦めていいのか。コンフォートゾーンの内側で、暖かな場所でゆるやかに衰退していくのも構わないのか。

それは、あくまで個々人の人生観です。正しさも誤りもありません。

でももし成長を望むなら、覚悟を決め、代償を払い、コンフォートゾーンの外側に行きましょう。

上手くいくかどうかはわかりません。失敗、損失、大いにありえます。

でも上手くいくまで諦めない覚悟があるなら、きっと大丈夫です。

どんなに失敗しても、最後に笑うことができればいいんですから。

スポンサーリンク