重要な判断をする前に

スポンサーリンク


重要な決心や判断をするとき、どのようなプロセスを辿るだろう。

深く考えず直感で判断する人、合理性を追求して判断する人……そのプロセスはきっとさまざまだ。時と場合によって最適な検討も異なる。

ただ、どんな判断をするときにも共通していることがある。

それは、私の出す判断は「私」が下しているということだ。

当たり前なことのようにも思えるけど、この観点は盲点になりやすい。

つまり、「どうやって判断するか」と同じかそれ以上に「どんな自分が判断するか」が重要であるということだ。

たとえば明日の衣食住もままならない状態で、正常な判断は難しいだろう。
睡眠不足や体調不良の状態でも同様である。
深く思い悩みモチベーションが下がっている状態のときも、判断を誤りやすい。

不調は人を視野狭窄にする。重要な判断をするなら、心身ともに健全な状態、もっといえば心身の健全度が少なくとも80%以上の状態のときにしたほうがいい。

ただ、自分が順調なのか不調なのかは、自分自身では客観的に判断しにくいもの。そういうときこそ、第三者からのフィードバックが必要だ。

私もコーチと話していたときに、こんなことを言われたことがある。

「コンディションをもう少し上げてからのほうが、maiさんらしい判断ができるかもしれませんね。まずは自分のコンディションを上げるために出来ることから探しませんか?」

これを言われたとき、本当に目から鱗だった。考え抜けば正しい答えが出ると思っていた。十分考え、その上で行動もしていたから致命的に何かを間違えているという感覚も全くなかった。自分で自分のコンディションに何か乱れがあるとは、全く思いもしなかった。

でもコーチに言われて気がついた。本当は、重要で後戻りができない時こそ、考え抜くだけでは不十分なのだ。自分をベストな状態にすること。そのために第三者からフィードバックをもらうこと。その工程を経ることで「より良い判断」ができるのかもしれない。

スポンサーリンク