「あたりまえにできること」は宝物だ

スポンサーリンク


自分が「あたりまえにできること」に気づいているかどうかによって、自分の人生やアウトプットを価値あるものだと思えるかどうか変わってくる。そう感じてる。

自分にできることは何もない、自分は周囲に比べて有能ではない、と、それをさも「誰から見ても明らかな事実」かのように語る人がとても多い。

でもよくよく話を聞いてみると、「え、すごい!」と自然に感心できるような経験、能力、考え方を持っている方がほとんどだ。ほとんどというか、100%である。

他者から見れば価値があることでも、自分にとっては当たり前で、当たり前であるが故に気がついていなければ、それを活かすことができない。

その先にあるのは「自分はたいしたことができない」という自己肯定感の欠如である。

だがある意味、その感覚は大事なサインだ。

自分は無力だ、能力がないと悲観しているときこそ、自分にとっての「あたりまえ」に目を向けてみてほしい。

これまで人から褒められた言葉の中に、「そんなこと、誰でもできるでしょ」「なんでこんな簡単なことを褒めてくるんだろ」「褒めてもらってるけど、いまいちピンとこないな」と感じたものはなかっただろうか。

そのなかにこそ、宝物が隠れている。あなたを輝かせてくれる宝物だ。

日々のなかで自信や肯定感が削れつつあるとき、誰かの功績の陰で自分がとるに足らないものに思えたとき、宝物を見つけて、並べてみよう。

きっと、あなたは自分がすでにかけがえのないものを持っていることに気がつくはずだ。

スポンサーリンク