コーチングを体系的に学べる養成講座7選

スポンサーリンク


こんにちは、maiです。
多くの人が興味を持ち学んでいるコーチング。 単発のコーチングセミナーや、書籍の独学など学ぶ方法は様々ですが、「コーチングを体系的に学びたい」と思ったときに、学び先はどんなところがあるでしょうか?

今回は有名な養成機関を中心に、コーチングを学ぶ場所をいくつかご紹介させて頂きます。
※費用は各養成機関の資格取得のための下限値を記載しています。

養成講座一覧

CTI

公式サイト:https://www.thecoaches.co.jp/
  • 取得資格名:CPCC( Certified Professional Co-Active Coach )
  • 講座形式:オフライン(上級コースはオンライン)
  • 費用:1,370,000円(税別)
       ※コアコース上級コース一括申込
  • 国際コーチ連盟(ICF)認定コーチ受験要件との連動:あり
  • 特徴 :世界最大の対面型コーチ養成機関です。提供する技術を独自に「コーアクティブ・コーチング」と呼び、クライアントがよりよく生きることを目的としたパートナーシップをコーチとクライアントが協力しながら創り出していくスタイルを打ち出しています。どちらかと言えば個々人へ寄り添うパーソナルなコーチングに強みを持っています。

コーチ・エィ

公式サイト:https://www.coacha.com/
  • 取得資格名:(一財)生涯学習開発財団認定コーチ
    (認定コーチ/認定プロフェッショナルコーチ/認定マスターコーチ)
  • 講座形式:電話会議
  • 費用:1,000,000円(税別)
  • 国際コーチ連盟(ICF)認定コーチ受験要件との連動:あり
  • 特徴 :国内で20年以上の歴史があるシステミックコーチングの提供機関です。講座は電話会議の形式を採っており、時間や場所を問わず受講できることが特徴です。各養成機関と比較しても特に法人やグゼクティブに対するコーチングに強みを持っています。

NLP-JAPAN ラーニングセンター

公式サイト:https://www.nlp-coaching.co.jp/
  • 取得資格名:NLPプロフェッショナルコーチ
  • 講座形式:オフライン講座
  • 費用:468,000円(税込)
  • 国際コーチ連盟(ICF)認定コーチ受験要件との連動:なし
  • 特徴 :最大の特徴は、心理学としてのNLPの技術をコーチングと掛け合わせたメソッドを提供している点です。NLPは人の無意識の思考パターンや行動パターンを最適化することを得意しているため、NLPとコーチングの双方に興味を持っている場合に最適な講座と言えるかもしれません。

銀座コーチングスクール

公式サイト:https://www.ginza-coach.com/
  • 取得資格名:GCS認定コーチ
  • 講座形式:オフライン講座
  • 費用:194,400円(税込)
  • 国際コーチ連盟(ICF)認定コーチ受験要件との連動:あり
  • 特徴 :他講座と比較しても安価であり、かつ国際コーチ連盟(ICF)認定コーチの受験要件と連動しています。資格取得後のコーチとしての活躍を推進するサポートも行なっているため、バランスのとれた養成機関であるという印象があります。受講生同士の繋がりも強いようです。

トラストコーチングスクール

公式サイト:https://trustcoachingschool.com/
  • 取得資格名:TCS認定コーチ
  • 講座形式:オフライン講座
  • 費用:105,000円(税別)
  • 国際コーチ連盟(ICF)認定コーチ受験要件との連動:なし
  • 特徴 :低価格かつ最短2日でコーチングのノウハウを取得できるということ。そして資格取得後、コーチとして活動するためのビジネスモデルやノウハウの提供、活動、集客フォローまでコンテンツ提供があることが特徴です。より「個人がコーチとして開業しての活躍する」ということにフォーカスした講座と言えます。

コーチングプラットフォーム

公式サイト:http://coachingplatform.main.jp/

公式サイト:http://coachingplatform.main.jp/

  • 取得資格名:一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
  • 講座形式:オフライン講座
  • 費用:300,000円(税別)
  • 国際コーチ連盟(ICF)認定コーチ受験要件との連動:あり
  • 特徴 :すべてのエクササイズに1名以上の国際コーチ連携(ICF)のACC以上の資格を持つのコーチが受講生を直接サポートしているため、講座の品質が高いレベルで保たれるという信頼・安心感に繋がりそうです。
    また、自己基盤(ファウンデーション)に関するプログラムが比重高く組まれているため、「自分の人生を豊かにしたい」「相手の人生を豊かにしたい」というニーズにぴったり嵌まりそうです。

アナザーヒストリー(旧チームフロー)

公式サイト:http://anotherhistory.co.jp/school/
  • 取得資格名:情報不足につき不明
  • 講座形式:オフライン講座
  • 費用:情報不足につき不明
  • 国際コーチ連盟(ICF)認定コーチ受験要件との連動:なし
  • 特徴 :アドラー心理学をベースとしたコーチング講座を提供しています。各情報が公開されていませんが1,500人以上の受講生を排出しています。アドラー心理学とコーチングの掛け合わせに興味がある場合は、検討してみるのも良いかもしれません。

結局、何を基準に選べばいいのか

ここまで紹介しましたが、結局どの講座を選べばいいか迷ってしまうと思います。

身も蓋もないことを言えば「嗜好」と「お財布」との相談になりますが、もっとも重要なことは「何のためにコーチングを学ぶのか」という一点です。

たとえばコーチとして独立開業をめざすのであれば、資格取得後のフォローアップが充実している機関が向いているかもしれませんし、コーチとしてより相対的なレベルアップを目指すなら、ICF認定コーチの受験要件と連動した機関を利用したほうがスムーズです。

いずれにしてもコーチングは「ここまで学べが習得完了」というものはなく、一生をかけて勉強と成長が求められる領域です。
そのため、私個人の意見としては「どこで学んだか」は最終的に大きな問題にはならないのではないかな、と思っています。

そしてどの養成機関であっても、書籍で独学するより何十倍も何百倍も学びや気づきがあると思うので、まずは自分の目的に合った場所を見つけられるよう、面倒がらずに説明会や体験講座に足を運んでみることがオススメです。

スポンサーリンク