【元転職エージェントの本音】転職エージェントとの付き合い方

スポンサーリンク


こんにちは、mai(@maimecc)です。
最近、エージェントを信用できるかどうかとか、使えるとか使えないとか、そういった議論が多く見られる今日のこのごろ。
 
今の人材紹介会社のビジネスモデル上、どうしても期待に応えられることと、そうでないことがあるんですよね。
 
そこがちゃんと伝わらないと、「エージェントは信用できない、使えない」となりやすいのかなと思います。
 
そこで、元エージェントとして転職エージェントとの名誉挽回……とはいきませんが、付き合い方をまとめてみました。

 

 

転職エージェントのビジネスモデルを知る

人材紹介会社ってどこからお金もらってるの?

 
ズバリ、企業からもらっています。
請求は入社に伴って発生することが多く、サービス利用者へのオファー年収額の20〜50%が、手数料として企業から紹介会社へ納められています。
 
たとえば年収が500万とすれば、手数料率30%の場合は150万の手数料が発生するわけですね。
 
この納められる手数料はそのまま「売上」になり(そのままエージェント個人のポケットマネーになるわけではないです)、会社の業績に直結していきます。
 
会社や職位などにもよりますが、エージェントは1ヶ月あたり300万〜1000万ほどの売上目標を追いかけています。
 
よって、エージェントは常に10〜30人の面接をサポートしていますが、その過程では一銭も売上になりません。
 
内定が出て、内定を承諾してもらって、初めて売上案件になります。
 
つまり、売上に繋がる確率が低い「人」または「企業」のサポートに時間を割くことはエージェント自身の致命傷になる。
 
この事実を念頭に置くと、エージェントへの見方、付き合い方がわかってきます。
 
 

転職エージェントが持っているノウハウを知る

 
転職エージェントが抱えるノウハウは膨大なものがあります。
エージェントを利用することで以下の情報を得ることができます。
 
  • 転職市場の状況
エージェントは常に市場の前線で膨大な取引企業と、膨大なサービス利用者による、膨大なケースを捌いています。
 
これは企業人事の比ではなく、転職市場の市況感を最も知っている職業と言っても過言ではありません。
 
  • 自分の市場価値
エージェントは転職市場の最前線におり、かつ成功報酬形態で売上を追う立場にいますので、職務経歴書を見た段階で「決まるかどうか=売上になるかどうか」をざっくりした精度でジャッジしています。
 
そのうえで、実際に対面して話をし、その人となりを見ることで「自分がこの人材に注力すべきかどうか」の方向性を決定します。
 
つまりあなたが面談に来て職務経歴書を提出したなら、エージェントは「この人材は○か△か×か」の決定は既に下していると思ってください。
 
彼らのホスピタリティあふれる営業スマイルに騙されてはいけません。「これは注力外だなあ」などと失礼なことを内心普通に思っています。
 
なので、転職エージェントには本音を求めましょう。
 
もちろん、最初から本音で率直に正面から刺しにくる話してくれるエージェントもいますが、ほとんどの場合、オブラートに包んで本音は隠されます。
 
だって彼らは文句をつけられてクレームは起こされたくないし、売上も落としたくないし。
だからせいぜい「良い求人があったら紹介しますね」くらいに当たり障りなく事を済ませたい、という人が多いのです。
 
なので、「文句はつけないから本当のところを知りたい、本音を知りたい」感を全面に出し、本音の開示を求めましょう。
そして何より、利用者自身がエージェントに本音で話すことが大切です。
 
 

キャリアの整理・棚卸しは別の方法を頼ろう

 
転職エージェントの強みは、転職市場の状況に関して知識が豊富で、市場価値をそのまま判定してくれること。
 
逆に、紹介会社はキャリアの整理、悩みの相談、棚卸しは不得手です。
 
これには理由があります。
 
  • 新卒上がりの若いエージェントが多い
そもそも転職の苦労やキャリアの苦悩を想像すらできない、という世代が人員構成上多いです。「決まる人材かどうか」のジャッジ、営業センスが優れていたとしても、他人の悩みに対する適切な対応はほとんど心得ていません。
 
  • カウンセリングに関する有資格者が少ない
どちらかと言えば結論を求めていくエージェントが多いので、誘導し、選択させ、回答を出させるということに長けた人は多いです。
 
逆に、「答えが出ない悩み」に対して「あえて答えを提示しない(本人に答えを出してもらう)」ことが苦手な人が多いです。
 
そう、どうしても答えを出したくなっちゃう。それはこうだよ、って言いたくなる。でもそれでスッキリするのは質問に対して回答したときだけ。
 
転職エージェントは、「本当のカウンセリング」は苦手なんです。
 
じゃあどこに相談すればいいの?という問題ですが、これは別の機会にまとめようかと。
 
個人的なオススメは、女性ならエスキャリアさん。タイムチケットさんで探すのもアリです。
 
 
 
 
タイムチケットさんの検索画面。さすが、カウンセラー系も結構登録されてます。
 
  • 悩みを聞いても売上にならない
エージェントは朝から夜まで売上のためのタスクに追われています。
「サービス利用者の悩みととことん向き合いたい」というのは多くのエージェントの悲願。
 
ですが、それをスタンダードな対応にしていると、そのエージェントの業績賞与はカスみたいな額になることでしょう。つらい。
 
 

転職エージェントは複数社利用しよう

 
面倒だと思いますが、エージェントは複数利用しましょう。
なぜかというと、上記に書いた「エージェントによる判定」は、「その紹介会社の得意分野」および「エージェント個人の力量」によって大きく変わるからです。
 
そんなに違うの?というところについて、たとえで説明します。
 

例1:どう見ても優秀だけど、めっちゃ転職してる人

業界では「転職回数が多い」「経験者数が多い」という言い方をします。
転職回数が多いこと、短期離職を繰り返すことを、良く思わない企業はまだまだ多いです。
 
たとえば、「35歳、優秀なITエンジニア、次回10社目」みたいな場合。
 
 
  • A社の場合
「サービス提供できません(登録すら拒否されるケース)」
 
  • B社の場合
「紹介できる求人が中々無くて……やっぱり転職回数がネックでですね……」
 
  • C社の場合
「超優秀!!どんどん紹介します!!」
 
 
これは人材紹介会社自体の特性によって対応が分かれるケースです。
A社B社とつれない対応をされても、C社のように拾ってくれることもあります。
 
C社が拾ってくれるのは、C社自体が対応できる求人を抱えているからです。
 
自分にとってのC社を見つけて登録できるかどうか。
つまり、自分の市場価値に理解を示してくれるエージェントに出会えるかどうか。
それがいかに重要かわかると思います。
 
 

例2:どう見ても優秀で市場ニーズが高い人

たとえば「35歳、大手出身、初めての転職、機械学習専門」みたいな人材が来ると、眩しすぎて目が眩むくらいの市場価値を感じたりするわけですね。
 
それでも担当者によって、以下くらいの対応温度差があります。
 
 
  • A社の場合
「よっしゃーウチで超手厚くサポートしてウチから決めたるわー!独占!独占!!注力SS!!」
 
  • B社の場合
「超優秀だけど競合エージェント多いな……確度は見込めないけど、企業のニーズは多い。とりあえず注力はBかな」
 
  • C社の場合
「優秀なんだろうけど、ウチの強みは文系求人だしな〜注力C」
 
  • D社の場合
「機械学習?なにそれ美味しいの?(以降放置)」
 
 
これは人材紹介会社の特性、および担当者のスタンスによって対応が分かれるケースです。
 
A社とB社は、市場価値をちゃんと理解して紹介してくれそうですね。
 
B社は一見ドライですが、大切なのは「自分の市場価値を理解して提案してくれるかどうか」なので、関係を切る理由にはなりません。
 
問題はC社D社。
C社はもはや利用しても無駄です。お互いに何のメリットもない。
 
じゃあD社は?もう切るしかない?
 
 

担当者とソリが合わない場合は、担当交代を依頼しよう

 
上記のD社の例のような、「なんかこいつダメそうだな」というエージェント担当者に当たってしまった場合。
 
これはもう躊躇せず「チェンジ」してOKです。
 
なぜかって、エージェント自身の得意不得意、経験の長短、性格が合う合わないというのもありますから。
 
エージェントだって女性キラーもいれば、男性キラーもいます。
若いサービス利用者と親友のようにタッグを組める人もいるし、妙齢の女性と心友のように付き合っていける人もいる。
パッションな人もいるし、ロジカルな人もいる。
 
得意な分野、得意な相手がいるように、苦手な分野、苦手な相手がいる。
 
なので、初回の担当者はガチャの結果だと思って。
合わなければその時こそ「こういう人がいい」と要望を伝えてチェンジすればいいんです。
 
エージェント的には若干心に傷を負ったりする人もいますし、ぶっちゃけチェンジだなんて言いにくい……という場合もあると思います。
 
そんな時の魔法の言葉がこれ。
 
“他のエージェントさんにもお願いしていることなのですが”
 
この枕詞。当たり障りのなさ個人的No1です。
「ああ、他のエージェントにも依頼してることならしょうがないな」というふんわりした謎の納得感で受け入れてもらえます。
 
これを添えて、「○○で○○な方に担当を変更して頂けませんでしょうか。急なお願いですみません」でOKです。
 
ただ、「○○」の部分は具体的であることがマスト。年齢層指定、性別指定、転職経験指定、得意分野指定などがいいでしょう。
 
 

転職エージェントは付き合い方次第

 
転職エージェントも付き合い方次第で心強いパートナーになってくれます。
基本的に、味方にして損はない存在です。
 
自分自身のキャリアを作っていくために、上手く使ってくれたらいいなあと思います。
 

スポンサーリンク