「年収1000万円」が見せる幻想

スポンサーリンク


 

初めてその言葉を聞いたのは大学生くらいの頃だっただろうか。元々収入の大小に頓着しない性格だったこともあり、「へー、そうなんだ」くらいにしか思わなかった記憶がある。

 

「年収1000万円の人と結婚したい」

 

こんな身も蓋も無い言葉が妙齢の女性の間で頻繁に飛び交うようになって久しいけれど、今ではその言葉に込められた意味が分かるような気もして「なるほどATMね」だなんて自分なりに解釈できるようになった。

それでも、やっぱり不可解に感じる部分が大きい。 

だって「年収1000万円の人と結婚したい」人々のどれくらいの女性が、婚約者の源泉徴収票を確認して、婚約者の働く業界の将来性、人柄のポテンシャル、保有スキルの需要、身心の健康度合いを隈なくチェックするだろうか。
その上で、「よし、この人は年収1000万円を来年以降もキープできる人だな」なんて品定めして結婚しているのだろうか。

正直、そこまでする人がそう多くいるとは思えない。少なくとも私はまだ、お目にかかったことがない。

仮にもしいるとすれば、相手の年収に対するこだわりは本物だろう。自身の恒久的な安定のために、隅々まで検分してリスクヘッジしようとする女性は、いっそ清々しいほど計算高い。 そんな人が発する「年収1000万円の人と結婚したい」という言葉は、なるほど計算尽くの根拠があるに違いないだろう。

でも実際は?そうでない人の方が多いのではないだろうか。

 

結婚に限らず、私たちの多くは「年収1000万円」が見せる幻を漠然と夢を見ている。

 

年収1000万円の人と結婚したい
年収1000万円の起業家になりたい
年収1000万円の企業幹部になりたい
年収1000万円のフリーランスになりたい

 

1000万はキリがいい数字だ。とりあえずゼロが3つ並んでいるし、何だかとてもわかりやすい。
100万ではあまりに物足りないし、10000万となると宝くじレベルなので目指すには規模が大きすぎる。

そういうわけなので、1000万というのは目標としてかなり最適感がある。なんとなくリッチな気がする。お金持ちな気がする。贅沢できる気がする。
その気持ちはとてもわかる。私自身は営業歴が長いので、いっそ1000万円という言葉そのものが好きだ。

しかしつまるところ、「年収500万ではそんなに余裕がないけれど、倍の収入があればさぞ贅沢三昧出来るだろう」というあまりに安直な「思考停止の結果」がこの一連の「年収1000万円問題」の正体であると言っても過言ではないだろう。

年収1000万円あれば幸せになれる。惨めな思いはしなくて済む。何かあっても大丈夫。安心して生きていける。あの子よりも幸せになれる。あの人みたいな生活を送れる。あんな思いはしなくて済む。きっと素敵な生活が待っている!

 

いったい何を根拠に?

 

自分の考える「幸せ」や「安心」が求める要件が、本当は一体幾らの年収を必要としているのか一度しっかり計算してみたらどうだろう。
都心に住んで海外旅行三昧したいという志向の女性の「年収1000万円の人と結婚して専業主婦したい」という発言に対するツッコミは、既に各方面でやり取りされているのでここでは省略する。

つまりは、もしかしたら年収2000万円くらいの生活をイメージして「年収1000万円の人と結婚したい」なんて夢想してしまっているかもしれないということだ。実は世帯年収800万円程度で十分ということもあるだろう。

どちらにせよ、一度でも緻密に計算してみれば、目指す目標への行動を軌道修正出来る。それが険しい道であれ、安易な道であれ、壊れたレコードよろしく「年収1000万円云々」繰り返すよりも、よっぽど現実的だと思うのだけれど。

 

ただ願わくば、金銭に囚われている人ほど金銭を通して見つめている「幸せそのもの」を、もう一度深く問い直してほしいと思う。

 

もちろんお金は大事だ。お金がなければ控え目に言って生命を維持できない。何があるか分からない人生、激動の時代、不確実な社会の中で、金銭という最も明確で信頼性の高いバロメーターを頼るのは、選択のひとつとして間違いなく正しい。

けれどこれまで生きてきた人生における幸福は、あくまで在り方であり、求めている何かであり、必ずしも金銭そのものではなかったのではないだろうか。

その幸せの本質を見落として表層の金額的な要素ばかり見ていたら、今度は「お金があっても幸せではない」なんてことになりかねない。
それどころか何かの拍子でお金を失ったときに、幸せも一緒に失って何も残らないなんてことになったら最悪だ。

だからこれはリスクヘッジだ。そう割り切ってでも追求してみてほしい。一朝一夕で自覚出来るものではないかもしれないし、時を経て変わっていくものだ。だからこそ問い続ける価値がある。

 

「年収1000万円の人と結婚したい」

 

その1000万円という言葉の向こう側の本質、幸せな日々の原風景を知っているのは自分自身だけだ。

 

スポンサーリンク