1000万以上稼ぐコーチは○○の重要性を理解している

無数のロウソク

こんにちは、コーチのmai(@maimecc)です。

稼いでるコーチは様々な点が稼げないコーチとは異なります。

大きく異なるのはマインドですが、その中でも大きな特徴として、あるものに対する重要性の理解に大きな違いがあるのです。

そのあるもの、とは何でしょうか?

スキルでしょうか?

お金でしょうか?

人脈でしょうか?

人柄でしょうか?

違います。

稼いでるコーチ、成功している人たちは「時間」の重要性を誰よりも理解しているのです。

お金は取り戻せるが時間は永遠に戻らない

稼いでるコーチはお金を大切にしているのではないか?と思うかもしれません。

もちろん、お金はとても大切にしています。感謝し、世の中に巡らせることで豊かな流れを創り出すことに大きな価値と幸せを感じています。

つまり、成功しているコーチにとって、お金は必要なだけ当たり前に手に入るものであり、使えば使うほど流れ込んでくるものなので、「お金がなくなる、どうしよう」といったお金に対する不安や危機感というものはありません。

使おうと、何しようと、いくらでも入ってくるものだからです。

スキルにしろ、人脈にしろ、人柄にしろ、二度と手に入らないというものはひとつもありません。

しかし時間は違います。

たとえばあなたがこうして私の文章を読んでいる一分一秒。この瞬間も、あなたは時間を消費しています。

消費した時間は、一生戻りません。

たとえこの先タイムマシンが開発されようと、超高齢社会で寿命が延びても、今この瞬間の時間というのは絶対に戻らないのです。

成功者は、これをよく理解しています。時間を失うことで、失うチャンスの多さや幸福の多さというのをよく理解しているのです。

だからこそ、お金がない、時間がない、自信がない、という損得勘定の言い訳は絶対にしません。

時間を失うということは、命を失うということです。

あなたの人生は、明日には終わるかもしれませんし、来年には終わるかもしれません。

お金がないことも、時間がないことも、自信がないことも、プライドも、時間を失うことに比べたら些末なことなのです。

あなたの寿命は今も削られています。

辿り着きたい理想の未来があるのに、そこに向かわずに言い訳をして、ただ惰性で寿命を削り続けるのと、言い訳をせずに今すぐ行動するのとどちらがいいですか?

ということです。

成功者が即断即決なのは、時間の大切さを知っているからです。

あなたが時間の重要性を理解できない理由

どうしてそこまで時間が重要なんだろう?と感じる人もいるかもしれません。

それはこれまでの人生の中で、「時間は有限である」という実感を得る機会がなかったからかもしれません。

あるいは、人生をかけて達成したいこと、叶えたいことをそもそも持っていないからかもしれません。

いずれにせよ、時間の重要性が腹落ちしないのであれば、一度自分の人生に真摯に向き合うということをおすすめします。

もし明日死ぬとしたら、何をしたいのか?

もし今年死ぬとしたら、どんな後悔が残るのか?

そもそも後悔が残らないような生き方ができているのか?

これらを即答できない人は、ビジネスを始める以前に内省不足かもしれません。

私が時間の重要性を理解している理由

私が時間の重要性を理解しているのは、その「実感を得る機会」があったからです。

弟が亡くなったのは私が幼稚園年長のときでした。

その後、親戚や知り合いの死や葬儀に頻繁に立ち会うことがあり、喪服を着ることは特別なことではありませんでした。

なので、友達と遊んで別れるとき、親戚の家に遊びに行って帰るとき、卒業して先生や同級生と別れるとき、

「もう生きて会えないかもしれない」

という考えが常に頭の中を支配していました。

好きな人たちが明日にでも目の前から居なくなるかもしれない、ということが常に怖かったのです。

私が、たったひとりのメンターに数百万払うのが惜しくなかったのは、私がお金持ちだったからではありません。クレジットカードはありましたが、現金はほぼゼロでした。

そしてそのメンターは恐らく、ホームページや発信内容は、普通の人が見たら見た目だけで言えば「怪しい」と言われるほうで、経歴、バックグラウンド、そのすべてが私にとっては謎に包まれていました。

コスパがどうこう、他と比べてどうこう、という損得勘定で考えたら、絶対に選ばない相手です。

  • 損得勘定で選んでも意味がないこと
  • 稼げない自分の頭では正解を選べないということ
  • 大きなお金を払わなければ稼げるようにはなれないということ
  • 安いものに価値がないということ
  • どのみち頑張るのは自分自身であり、最後は自分次第であるということ

これらを、論理ではなく直感で理解していました。

そして「明日にでも自分や周りが死ぬかもしれないのに、自分がやりたいこと、誰かにやってあげたいことができないまま終わるのは嫌だ」という思いが強い原動力となって、当たり前のように覚悟が決まったのです。

即断即決に直感は不可欠です。しかしそれは一朝一夕で教えられるものでもないので、私は「覚悟が必要である」という、「その気になれば誰にでもできる」ことを常々伝えています。

時間の重要性を知るということは、命の重要性を知るということです。

あなたもまずは、自分の人生が有限であるということにしっかり向き合ってみてくださいね。