稼げるコーチになりたい人がメンターを選ぶための5条件

話し合う2人の女性

こんにちは、コーチのmai(@maimecc)です。

あなたには稼ぎ方を教えてくれるメンターがいますか?

「普通のコーチしかつけてない」という人も多いかもしれませんね。

しかしビジネスというのは、自己流で突き進むと確実に失敗します。副業したいだけ、お小遣い稼ぎたいだけ、というならわざわざメンターをつける必要はありません。

しかし、もし将来的に起業したい、独立したい、生活費以上を稼ぎたい、という思惑があるなら、メンターと契約し、コーチとして稼ぐことに本気で向き合う必要があります。

ではどうやってメンターを選べばいいのでしょうか?

今回は、稼げるコーチになるにあたって、メンターを選ぶための5つの条件についてお伝えします。

自分が稼ぎたい額を稼いでる相手か?

まず大前提として、クライアントはメンターの器を超えることはできません。

そのため、稼げるようになるためにメンターを選ぶなら、その人が自分の欲しい額を稼いでるかどうかをチェックする必要があります。

たとえば月5万円稼ぎたいなら、月5万稼いでるコーチを選べばいいのです。

仮に相手が年間500万しか稼いでないなら、あなたも年間500万しか稼げるようになれません。

私は月100〜200万稼いでいるので、だいたい年間1,000〜1,500万稼げるようになりたい人にはちょうどいいと思います。

逆に言うと、私は1億稼ぎたいと言ってる人を1億のコーチに育てることはできないし、月5万稼げればいいと言っている人をクライアントにすることはありません。

リーダーの器以上の会社にはならないのと同じように、メンターの器以上にクライアントが育つことはありません。

自分の理想の人生を叶えている相手か?

コーチとして稼げるようになったとして、あなたはどんな人生、どんな生活を送りたいですか?

365日多忙な売れっ子になりたいですか?

週3日以上休みながら豊かに暮らしたいですか?

たとえ「稼ぐ」という目的が同じでも、その姿は両者で大きく異なりますよね。

たとえば多忙なメンターは時間を自由に使う豊かなコーチになる方法を教えるのは困難ですし、

時間を自由に使う豊かなコーチが、売れっ子で全国を走り回るようなコーチになる方法を教えるのは困難です。

私はお金と時間の自由を手に入れるコーチを育てることが使命なので、「豊かさを享受しながらのんびり暮らせるようになりたい……」という理想を持つ人でなければ、正しく導くことはできません。

なので、あなたの理想を叶えているかどうかが、メンターを選ぶ上では大切です。

今の時代において再現性のある方法で稼いでる相手か?

稼いでるコーチの中には、いわば時代に後押しされたタイプや、古い時代に成功し、結果として今も成功しているタイプがいます。

そうしたタイプはベテランコーチに多く見られますが、彼らはその時代だから成功できたのであって、専門家でもない限り、今あなたが成功する方法を教えることはできません。

いまは人脈、実績、スキルがゼロの状態からスタートし、オンライン完結で成功するのが当たり前の時代です。

今の時代に即した稼ぎ方を教えてくれる人を探すのがおすすめです。

セッション料金は自分の稼ぎたい額と同じか?

セッション料金が高いか安いかで選んでいたら、稼げるようにはなりません。

大前提として、自分が稼ぎたい額と同じセッション料金かどうかという視点がとても重要です。

コーチングは単発ではなく、複数回をパッケージにして提供するのが普通ですが、たとえばパッケージで30万のセッションを受けたら、30万の価値しか受け取れません。

30万の価値しか受け取れないということは、あなたが100万稼ぎたいと言ったところで、100万の価値を提供できないということです。

自分が払えないものを他者から受け取ることはできません。これはお金やビジネスの本質です。

正しいことを言ってくれるか?

あなたが今稼げてないとしたら、あなたが満足し、納得し、簡単に受け取れて腑に落ちる言葉や情報は、高い確率で間違っています。

なぜなら、稼げている人の頭の中と、稼げていない人の頭の中は、別世界レベルで価値観や判断軸に差があるからです。

あなたが稼げるようになるために正しい情報や知識、考え方を会得しているなら、あなたはすでに稼いでるはずです。

しかしそうではないのだとしたら、あなたの今の頭では、本質的な正しい情報を、苦手なもの、不快なもの、受け入れ難いものとして処理しています。

正しいものを無意識に排除してきたからこそ「稼げない現実」であり「稼げない自分」なのです。

そうなると、自分の頭が処理して出してくる結論というのはほとんど信用なりません。

ではどう判断したらいいかといえば、居心地の悪い情報や考え方に注目するしかありません。

そこに正しさのヒントがあります。

メンターを「選ぼう」とし始めると間違える

ここまでメンターを選ぶための5つの条件についてお伝えしてきました。

しかし5つ目で提示じたように、自分の頭で考えて選ぼうとすると、高い確率で本質からズレてしまいます。

考えるのがダメならどうすればいいんだという話ですが、メンターに出会えるかは運とタイミングと直感です。

元も子もないですが、そういうものなのです。何せ、自分で考えて選ぼうとする時点で間違えてしまうのですから。

なので、いざメンター候補が目の前に現れたとき、今回お伝えした5つの最低限の条件を踏まえて、正しく前に進んでくださいね。