多くのコーチは本質的なコーチングをやっていないという事実

こんにちは、コーチング起業支援コンサルタントのmai(@maimecc)です。

世の中にはいつまでたっても無料セッションや数千円のセッションをしているコーチもいれば、しっかり稼げているコーチもいます。

実は低収入で稼げていないコーチは本質的なコーチングをやっていないということをご存知ですか?

コーチという職業は参入障壁が非常に低いので、どんな人でも思い立った日からコーチを名乗ることができます。

コーチングスクールも乱立しコーチが大量に排出されるようになりましたが、本質的なコーチングができないコーチが量産され続けているのです。

コーチングの語源を知っていますか?

コーチ(Coach)の語源は馬車です。コーチングスクールに通ったことがある人ならほぼ全員が知っていますよね。

コーチという仕事は、この語源になぞらえて「大切な人をその人が望む目的地まで送り届ける」ことが使命である職業です。

ほぼ全員が知っていることであるはずなのに、いつまにか多くのコーチングは、モヤモヤをすっきりさせる、やりたいことやビジョンを明確にする、思考の棚卸しをする、なんでも話せる第三者的パートナーとして頼りにする、行動を加速させるというような効果を果たすものとして認識されるようになりました。

これを読んでいるあなたに聞きたいのですが、あなたは本当にクライアントをクライアントが望む未来・目的地まで送り届けていますか?

まさか望む未来に送り届けてもいないのにクライアントに「すっきりしました!」と言われて喜んではいませんよね?

もしそうしたセッションを提供しているのだとしたら、そのコーチング単価は高くても1万円程度、ほとんどは無料〜数千円の世界でしょう。

クライアントを隣駅まで送り届けるか、海外に送り届けるか

高いセッションと安いセッションの違いは、ゴールとの距離、大きさの違いです。

たとえばRIZAP(ライザップ)は結果にコミットするとして、自分ではどしようもない体型をトレーナーの指導で改善していくというものです。

トレーナーは食生活やトレーニングに関する自分の知識やノウハウをクライアントに提供し、健全に痩せることができるようにあの手この手を尽くしますよね。

なので料金が高いわけです。

でも、もし痩せることができたらその人の人生はどう変わるでしょうか?

着たいけど着れなかったおしゃれな服が着れたり、新しいパートナーと出会えたり、自信がつくことでコミュニケーションが溌剌としていくかもしれません。もしかしたら性格も変わるかもしれないですね。

これはその人にとって世界が変わるレベルの大きな変化ですよね。ライザップは遠くて大きなゴールを提供しているということです。

でも教えない、指導しない、アドバイスしない、主体性を尊重するスタイルのコーチングでは、ライザップのような結果は出せません。相手には目的を達するための知識がないからです。

スクールを通して普及しているのは、あくまでコミュニケーション技術

つまり世間一般に広まっているコーチングというのは、あくまでコミュニケーション技術であるということです。

ライザップのトレーナーが質問の方法、フィードバックの方法、モチベート方法、関わり方の改善、主体性を引き出すことだけをすることで、痩せたい人の結果を導くことはできないですよね。「教える」「自分の引き出しの中身を提供する」ということが必要不可欠です。

コミュニケーション技術としてのコーチングはより多くの人に普及することで社会全体のコミュニケーションの質を底上げし得るものです。

ですが、コミュニケーション技術の提供という成果は安価なので、ビジネスはできません。

コーチングという言葉本来の意味である「大切な人をその人が望む目的地まで送り届ける」を実践すること。

そのために引き出しの中身を提供するという行動を厭わないこと。

場合によってはセッションのほとんどを「教える」ことに費やす可能性もあります。でもそれが本当のコーチです。より遠く素晴らしいゴールへ送り届けるために、必要なことなのです。

あなたもぜひ本質的なコーチングの実践を目指してくださいね。