単価1万円のコーチは単価0円のコーチよりも成功が遅い理由

セールスに悩む男性コーチ

こんにちは、コーチのmai(@maimecc)です。

「コーチング、1万円でなら提供できるんだけど……」

「いきなり3万円や5万円で提供するのはハードルが高いけど、まずは1万円からスタートしようかな……」

コーチングビジネスを始めるにあたって、このように感じている方も多いのではないでしょうか。

実は、最初に提供料金のハードルを下げて提供することに慣れてしまうと、コーチとしての成功からは一気に遠ざかります。

それはどうしてなのでしょうか?

1万円で提供するのはコーチがラクをすることである

当たり前ですが、コーチングに1万円払ったくらいで人生は変わりません。

悩みが解決したり、前進しやすくなったりするということはあるでしょうけど、「相手を理想の未来に連れていく」わけではないので、コーチが投じなければならないリソースやエネルギーは非常に少なく済みます。

それに、3万円や5万円など、高額で提供すれば、申し込む全体の母数は減ります。

世の中、基本的には労働者思考の人が大半なわけですから、高いよりは安いほうが皆嬉しいのです。高いものに価値がある、という思考は普通は持っていません。

つまり、安くセッションを提供するということは、

コーチ自身もセッションを提供するハードルも下げられるし、

お金をいただけないわけではないし、

安いから皆喜んでくれるし、

多くの人にセッションを提供できるということは、自分は存在価値の高いコーチになれる

と、考える人もいるかもしれません。

コーチとしてお金と時間の自由を手に入れ、クライアントの人生を変えられるコーチになるということを諦めるなら、それでもいいでしょう。

でも、1万円で提供することで一番ラクしているのはコーチ自身であること。それはつまり、皆のためと言いながら、自分のために安くしているということに気付かなければなりません。

スタート時点でのコンフォートゾーンの次元が低くなる

自分を甘やかした料金設定をすると、そこがそのコーチのコンフォートゾーンになります。

そして「1万円の価値」を提供することに慣れると、単価を上げて提供するときに一気にハードルが高くなります。

あながち売れているので現状に満足しやすくなり、1万円で売る方法に馴染むことで固定概念が強まります。

つあまり、1万円でそこそこ売れるコンフォートゾーンに固定されてしまい、そこから抜け出すことが心理的に困難になるのです。

また「まずは1万円から」と考える人は、経験を積んだり自分のレベルを上げれば単価も上げられる、と勘違いしているので、「1万円から単価を上げられないのは、スキルと経験が足りないからだ」と思い込みます。

そうなるど、成果が出ないまま時間とお金がどんどん消費されていくのです。

コーチングで稼げるようになりたいと思ったら、スタート地点のコンフォートゾーンをどれだけ高く設定できるかがとても大切なのです。

1万円で30人に売るのではなく、30万円で1人に売るという決断が必要

1万円で30人に売れば30万円の売り上げになりますし、30万円で1人に売っても30万円の売り上げになります。

前者は、もし30人に売ることができなかったとしても、15人に売れば15万円になりますね。

しかし30万円で1人も売れなければ、売上はゼロです。

そう考えると、「少しでも売れたほうがいい」と考えて1万円で多数に売ろうとする人も出てくるでしょう。

しかし、コーチとして本当に稼げるようになりたければ、1万円で30人に売るという選択肢を捨てなければ成功しません。1万円で売るのと、30万円で売るのとでは、根本的に必要となるマインドも手法も全く異なるからです。

コーチとして少なくとも生活費を稼ぐことをめざすのであれば、スタート地点の次元は高く設定しましょう。