コーチングを副業でやるなら資格はいらない5つの理由

コーチングの資格をとっても副業に活かせない人

こんにちは、コーチング起業の専門家mai(@maimecc)です。

コーチングで副業をやろうとしたとき、誰もが考えることは何だと思いますか?

「まずは勉強しよう」「まずは資格をとろう」と考える方が多いと思います。

コーチングは相手の人生を支援し、夢や目標達成の実現をサポートする素晴らしい仕事です。

しかし、あなたがコーチという仕事で副業収入を得て稼げるようになりたいと考えるなら、資格に飛びつくべきではありません。

もっと言えば、あなたがコーチングで副業をやるために資格は必要ないのです。

えっ、どうして?!と思うかもしれませんね。

その具体的な5つの理由について説明します。

コーチングスクールはビジネスのやり方を教えない

コーチングスクールは世の中にたくさんあります。

そしてスクールに通えば、当然ですがコーチングを教えてくれる講師がいます。

プロコーチが講師をするなら、多少は集客の方法や、プロモーションの方法、ビジネスモデルについて教えてくれると思いますよね。

コーチとして副業で収入を得るための方法や、成功事例を共有してくれるのではないか、と期待する人もいるかと思います。

断言しますが、コーチングスクールはビジネスのやり方を一切教えてくれません。

集客方法も、成功事例も、何も教えてくれず、講座を修了したら「あとは頑張ってね」で終わりです。

どうしてなのでしょうか?

理由は簡単です。

コーチングスクールの講師は多くがビジネスの素人で、個人で稼ぐためのノウハウや再現性のあるビジネスモデルを知らないからです。

こんなことを言われると怒られるかもしれませんが、講師もある意味、ビジネスの素人だからスクールに雇われて(あるいは業務委託で)講師をしているのです。

講師といえど、稼ぎ方を知らなければそれを教えることはできません。

それにそもそも講座のプログラムに副業のやり方、稼ぎ方は組み込まれていないのです。

稀にスクールの修了生同士がSNSで励まし合いながら副業に取り組んでいるケースもありますが、彼らもビジネスの素人同士で試行錯誤しているだけなので、ほとんど収入を得られていません。

副収入は0円から数千円、上手くいって数万円というコーチがほとんどなのです。

ただ、これはコーチングに限った話ではありません。

公認会計士も、社労士も、中小企業診断士も、それらの資格を獲得するためのスクールで、集客や稼ぎ方、ビジネスのことまでは教えてくれませんよね。

コーチングも例外ではないというだけの話です。

コーチングスクールで獲得できるのはコミュニケーションスキル

コーチングスクールはビジネスや副業のやり方を教えてくれないのなら、一体何を教えてくれるのでしょうか?

ほとんどコーチングスクールに共通している、教えてくれる内容は以下の通りです。

  • 相手の話をじっくりと聴く傾聴スキル
  • 相手に内省を促すための質問スキル
  • 相手に気付きを与えるためのフィードバックスキル
  • 相手を尊重する関わり方
  • 目標設定や行動を管理・促すためのフレームトーク

他にも色々ありますし挙げればキリがないのですが、どの講座にも共通しているメインスキルはこのあたりです。

これらをあなたがマスターして資格を取得したとして、明日から集客し、有料クライアントを獲得し、副収入を得られるようになると思いますか?

私も元はコーチングスクールに通っていましたが、周りの受講生を見てもほとんどはまともに副業活動できていませんでした。

むしろスクールに通うことで「コーチングはこうあるべき」と固定化され、副業で稼ぐことにシフトしにくくなっている人がほとんどだったのです。

コーチングスクールに通えばコーチングマニアになることはできますが、副業で稼げるようにはなりません。

コーチングの資格を獲得するためには膨大なお金と時間がかかる

数千円や数万円でも、副収入として得られるなら十分だ!と思う人もいるかもしれません。

しかしよく考えてみてください。

スクールに通った場合、どれほどのコストがかかるか知っていますか?

  • 30~100万円以上のスクール受講費用を支払う
  • 受講やトレーニングのために余暇を削る
  • 副収入を得るための知識を獲得できないまま一年以上の時間を過ごす

これらすべてを代償として支払うことになります。

お金を工面し、忙しいなか空き時間をつくり、一年以上の時間をかけ、得られるものはコミュニケーションスキルだけです。

たかが数千円、数万円の副収入のためにこれらのコストをかけることになるのです。

そして費用以上に、かかる時間が馬鹿になりません。

時間は、あなたの寿命です。

初めからコーチングマニアになりたくてコーチングスクールに通うことを決意する人はごく少数でしょう。

副業に活かしたいからと始めたはずのスクール受講で、副業に関する知識を何ひとつ得られないまま寿命を削ることになるのです。

もちろん、それでもスクールに通いたいというなら止めはしません。ですがこれではあなたの収支は赤字ですよね。

他のアルバイトでも探したほうがまだ収入を増やすことができます。

コーチングの資格を持っている人は星の数ほどいる

そうは言ってもスクールの資格を持っていたほうがプロとして箔がつくのではないか?

そう考える人もいるかもしれませんね。

資格には大きく分けて3種類あります。

  • 国が認めている「国家資格」
  • 各省庁が認めている「公的資格」
  • 民間企業が独自で定めている「民間資格」

主な国家資格は、医師、建築士、弁護士、税理士、保育士などです。

主な公的資格は、簿記検定、秘書検定、ケアマネージャーなどです。

いずれもどこかで聞いたことあるような資格ばかりですよね。

民間資格はというと、誰でも何でも作ることができます。

たとえば適当に資格の名称を決め、商標登録でもしておけばそれが民間資格として機能するのです。

コーチング資格は、すべて民間資格です。

つまり個人や団体が自由に作成できる資格なので、国家資格や公的資格と比較すると資格そのものに大きな価値はありません。

しかも昨今のコーチングブームで、各スクールに多くの受講生が殺到しているので、さまざまなコーチング資格を持ったコーチが至る所に量産されています。

コーチの私でも、たまに見たことも聞いたこともない資格をよく見かけるくらいです。

コーチングを受けたい側からしたら、どの資格を持っていればどんなスキルを持っているコーチかなんて、全くわからないのです。

なので、コーチングの資格を持っているからと言って副業に影響することはありません。

コーチ同士であれば「有名な資格を持っているね」「たくさん経験を積んだんだね」と分かることもありますが、副業で稼げるかどうかとは無関係です。

コーチングで副業するために必要なスキルはビジネススキル

ここまで読んだ方は、コーチングの資格をとっても副業には活かせないことがお分かり頂けたと思います。

コーチングで副業するために必要なのは、資格ではなくビジネススキルであり、ビジネスの本質を理解することです。

「ビジネス」と言うと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、お金をいただく以上は立派な仕事です。

コーチングを副業で生活費以上の額を稼げるようになりたい、会社収入を超えたいという場合は、コーチングで稼げるようになるための無料メルマガを用意しています。

コーチング経験者をもちろん、初心者でも「コーチングで稼ぐとはどういうことなのか」を知ることができる超有償級のメルマガです。

コーチングで副業を検討しているなら、スクールに申し込む前にまずこのメルマガを読んでください。

私はコーチングスクールにお金は100万円以上、時間は2年以上を費やしてきました。

売上が立たずに追い詰められて初めて「コーチはこうあるべき」の価値観を捨て、必要なマインドとビジネススキルを得て月収100万円を超えるようになりました。

それまでに膨大なお金と時間がかかってしまいましたが、あなたに私と同じ苦労をしてほしくはありません。

最後に、コーチングはオンラインで完結でき、やり方さえ正しければ最少労力で稼ぐことができる副業向きの仕事です。

あなたが人の役に立つことにやりがいを感じ、かつ稼げるようになりたいという気持ちが強いほど報われる職業なので、ぜひ目指してみてくださいね。