コーチングで副業して月100万稼いでた元会社員の生活

スケジュール帳とコーヒー

こんにちは、コーチのmai(@maimecc)です。

私は今では会社を退職して独立し、会社を経営しています。

しかし副業時代にも、コーチングだけで月100万稼いでいました。

私が過去、会社員として働きながら副業でコーチとしてどのような生活をしていたのか、実際の体験ベースで平日1日の流れをお伝えしたいと思います。

朝の時間

朝は基本的にあまり動けません。前日の夜に寝るのが1:00なので、睡眠時間6時間はなんとか確保して起床してます。基本的に常に眠かったです。

  1. 朝に弱いので7:00起床
  2. 朝食は食べずに、身支度をして出勤
  3. 通勤電車の中で、クライアントやクライアント候補の方へのチャットを返信
  4. SNSチェックと投稿

昼の時間

会社の同僚とのランチは、仲の良いごく一部の人とたまにご一緒する程度。基本的には自分のビジネスのために時間を使っていました。

  1. 昼休みはファミレスでブログを執筆し一本仕上げる
  2. 朝に返信しきれなかったチャットを返信
  3. SNSチェックと投稿

夜の時間

基本的に夜が本番。セッションや制作作業など、時間を大幅にとる仕事はほぼ夜に実施していました。

当時は人事として中途採用に従事していたので、夜間の面接が入った場合はセッションの予定を入れることはできません。その場合は作業も全体的に後ろ倒しになり、シンプルに睡眠時間を削減することで対応していました。

  1. 定時後すぐ、または定時後ま間もないタイミングで退社。夜にセッションが控えているので会社から駅まで、駅から自宅まで全力疾走
  2. 帰りの電車では息抜きに好きな動画を視聴
  3. 近所でお弁当を買い、10分で完食してセッション開始
  4. セッションを終えたらブログとメルマガを執筆
  5. SNSチェックと投稿
  6. 体力が余ってれば読書
  7. 1:00前後に就寝

これがハードなのか暇なのかなんとも言えませんが、ほぼ毎日この調子でした。それを継続していた甲斐もあり、この調子の生活でコーチ業の副業で月収100万を超えることができたのです。

飲み会、遊び、その他なんらかの勉強みたいなものに割く時間は一切ありませんでした。コーチ同士の勉強会や相互セッションをしていた時期もありましたが、あまりにも時間が足りなかったので、途中ですべて中止しています。

このような生活なので、頭の中は常に、会社の仕事のことか自分のビジネスのことしか考えていませんでした。

しかしここまで自分のビジネスにフォーカスして、限られた時間を割いてきたので、一気に成果を挙げることができました。

(成果が出るまでのスピードが早かったのは、もともと持っていたSNSやブログ、ITリテラシーなどの無形資産が多分に影響しています)

しかしひとつ言えるのは、ここまでやったから独立することができ、自分に対する行動のブーストの掛け方を知っているので、独立後も停滞することなく、安定しつつ成長することができています。

私の場合は独身1人暮らしなのでこうした無茶ができますが、家族や同居人がいればこうはいかないでしょう。

残業が多い会社にいても、同じようなことはできません。

しかし残酷ですが、どんなに不利な環境にいたとしても「行動しなければ成果が出ない」という点は誰に対しても平等です。

その気になれば睡眠時間もっと削る必要があるでしょう。

週末、朝から晩まで猛スピードで作業し続ける必要があるかもしれません。

そこまでやるかどうかは、あなた次第です。やれるなら、遅かれ早かれ成功することでしょう。