コーチは儲かる職業なのか?月収100万超コーチがリアルな事情を解説

貯金箱

こんにちは、コーチのmai(@maimecc)です。

あなたはコーチという職業が儲かる職業だと思いますか?

私はコーチやコーチを目指す人が稼げるようになるためのサポートをしていますが、「コーチは儲かる職業なのではないか」という考えを持つ人が増えてきたように思います。

ビジネスチャンスとして捉えてもらうことは業界の発展を考えたらとても良いことです。

しかし中には「本業や趣味の片手間にコーチングをやりたい」といったコーチも増えてきているようで、「ラクして儲かるものだ」という考えもちらほら聞くようになりました。

稼げないコーチの中にも「目標はとりあえず1000万」という人も多く、「コーチは儲かるらしい」という観念だけが一人歩きしているようです。

今回は「コーチとは儲かる職業なのか?」ということについて解説したいと思います。

正しく人並み以上の努力をできるのであれば儲かる

当たり前のことを言っているように聞こえるかもしれませんが、要は当たり前のことを愚直にできる人であれば、コーチングで儲けを得ることは可能です。

ヨコシマな浅い動機、「できるだけラクして儲けたい」精神だと上手くいきません。

コーチングビジネスは決して「良い儲け話」ではないのです。

もっとも、いかにラクするかということばかり考えていると、何をやっても上手くはいかないと思います。

コーチングは「稼ぎたい」と同等の「利他心」がなければ成り立たない

コーチングには利他心が必要不可欠

コーチングビジネスは情報商材を売り切って終わりというビジネスではなく、相手の人生そのものに直接関わり続けるビジネスです。

そのため、契約して入金してもらえば終わりとか、クライアントが上手くいかなくても後は知らないとか、そういう無責任なことは許されません。

コーチという仕事は、「自分のため」という自分にベクトルが向けた状態で取り組んでも上手くいかないのです。

利益を出すという自分のビジネスにコミットする姿勢と、「相手のために」と相手へベクトルを向ける姿勢を一致させる必要があります。

結論は「儲かるが、成功するまでが大変」

コーチングビジネスは、成功するまでは他のビジネスよりも大変です。

それは高額商品を売るビジネスなので、薄利多売ビジネスと比べると、築き上げるものの多さ、深さ、難易度が全く異なります。

そのため、半端な覚悟で取り組んでもすぐに挫折し、撤退する羽目になるのが目に見えています。

しかし強い覚悟で倦まず弛まずビジネス完成に向けて取り組むことができれば、成功した後はとてもラクです。

会社を辞めることはもちろん、お金と時間の自由を得て、起きる時間も食べる時間も自由、どこにでも出かけられるし、欲しいものは何でも手に入れられるという豊かな人生を送ることができます。

それだけの価値を得られる可能性があるビジネスなので、ハードルも高いのです。

そこまでの覚悟を自分が持てるかどうか?というのは、自分ではよくわからないこともあると思います。

もし自分のコーチングビジネスに懸ける想いや覚悟を確認したければ、マインド面は以下のメルマガを通して直接指導しています。

興味があればぜひ登録してくださいね。

稼げるコーチになるためのコーチング起業講座