コーチが低価格でセッションを提供するのは甘え

こんにちは、コーチのmai(@maimecc)です。

世の中には、無料や数千円、1万円程度でセッションを提供するコーチが多くいます。

高い単価でセッションを提供できない理由や背景は人によってさまざまですが、多くの場合はコーチ自身の甘えが原因です。

単価が安ければ、結果ができなくても「仕方ない」

多くのコーチは、自分のスキル不足、自信不足、経験不足を理由にして単価を上げることができません。

安い単価でコーチングを提供しているコーチの本音は「この程度の価格だから、大きな成果に繋がらなくてもしょうがない」です。

もしかしたら1万円を高いという人もいるかもしれませんね。

しかしたとえば、1万円のセッションでクライアントの人生は変わるでしょうか?

クライアントも、たかだか1万円のセッションに、自分の人生を揺るがすような変化を期待してはいません。

コーチも、人生が変わるような変化をクライアントにもたらすことができなくても、自分が数十万、数百万の価値があるコーチではないから、仕方ないと心のどこかで思っています。

1万円のセッションに寄せる期待は、クライアントもコーチもとても低いのです。

結果としてどうなるかというと、お互いのコミットメントが下がります。

コーチングは、クライアントとコーチの双方が本気であるからこそ結果が出ます。

クライアントが「高いお金を払っているから頑張ろう」と思えなかったり、コーチが「高いお金をいただいているから頑張ろう」と思えなければ、大きな変化や成長は生まれません。

つまり、単価1万円程度の安いセッションは、コーチもクライアントもラクをしているのです。

これではコーチは稼げず、クライアントも成果が出ず、価値の低い時間だけを消費することになります。

あなたは100万円のセッションができますか?

たとえばあなたがコーチであれば、「100万円払うから私の人生を変えてくれ」と言われたら、どんなセッションをしますか?

質問をするのはコーチングとしてNGだとか、相手の主体性に頼るとか、そんなことを言ってる場合じゃないということはわかると思います。

「何が何でも、相手が到達したい理想のゴールに連れて行かなければ」と必死になりますよね。

クライアントもクライアントで、「100万円払ったけど結果が出なくてもいいや」なんて人は、すでに成功している人以外にはいません。クライアントも100万円の価値のために、ゴールに向かってあらゆる言い訳を捨てて一生懸命行動します。

高いセッションにこそ価値があるということをわかっているコーチと、そのコーチのクライアントだけが成功できるのです。

価格にセッションの結果が反映される

コーチもクライアントも必死だから結果が出るわけですが、価格が安ければ安いほど、結果も出ないので、価値も低いです。

無料のセッションがドタキャンだらけになるのは、その最たる事象ですね。

コーチの次元が上がらなければ、クライアントの次元も上がりません。

100万円以上のセッションに価値があり、数百万円のセッションに、より大きな価値がある。

そんな風に考えて実際にその額を払い、受け取れるようにならなければ、コーチ自身のレベルも上がらず、稼げるようにもなりません。

コーチングビジネスで稼げるようになろうと思ったら、まずは1万円程度の価格のセッションでいいや、という甘えを捨てるところから始めましょう。